世界の大富豪が唸る「名執事」のサービス哲学

コンビニと出版社の勤務経験が基礎になった

サービス哲学の原点と、仕事にかける想いを聞きます(写真 :gladkov / PIXTA)
世界の名だたるセレブ、大富豪たちに最高の満足を提供する、日本バトラー&コンシェルジュ代表、執事の新井直之さん。エグゼクティブを唸らせる「執事によるフルオーダーメイド」の極上サービスは、どのようにして生まれたのか。「お客様の感情に飛び込み、提案し、満足していただくことが執事の仕事」という新井さんの、サービス哲学の原点と、仕事にかける想いをインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。

大富豪を満足させる極上のサービス

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

――(スーツ姿を見て)いつも、その格好でお仕事されるのですか。

新井直之氏(以下、新井氏):今日は執事をいちばんイメージしていただきやすい服装で参りましたが、いつもこうした格好をしているわけではございません。執事というと、マナーや所作の方に目が向かれがちですが、お子様の送り迎えなど、場合によっては、シャツにジーンズというTPOに合わせた姿でお仕事をすることもあります。

私どもは日常生活から冠婚葬祭、旅行、留学の同行、プライベートな催しまで、お客様に成り代わり、あるいは補佐役として、あらゆる事柄に対してご要望にお応えしておりますが、一番大切なのは姿や形ではなく、ご主人様、そのご家族に満足していただくことです。そしてそれが、どんなご要望であってもお応えするのが、執事の仕事であり喜びでもあります。

ある時、外国のご主人様が本国へ帰る直前のお土産に「お気に入りの飲料500本とフーセンガム1000個」をご要望されました。そのオーダーを受けたのが、成田出発の2時間前。スタッフをフル動員し、途中にあるお店というお店に片っ端から連絡し、どうにか確保してお渡しすることが出来ました。さすがに想定外でしたが、こうした「想定外のご要望」にも、ご満足頂ける対応をするのが執事の務めです。

次ページつねに行動に気を配り、準備することが大事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT