東大を3度落ちた男が辿り着いたカフェ経営

映画や穀物栽培など手がける人気店の裏側

『カフエ マメヒコ』の誕生ヒストリーをインタビュー
映画の制作・配給、ラジオ配信、舞台、畑での穀物栽培……。 これらはすべて渋谷、三軒茶屋の人気カフェ『カフエ マメヒコ』での取り組み。こうした“多様な”活動の背景には、経営を続けていくための哲学がありました。次への活動の“種”を蒔き続けた、代表井川啓央さんの“カフェ以前”の原点から、『カフエ マメヒコ』誕生までをインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。

カフエ マメヒコの「種」を蒔く

――先日、映画(※マメヒコピクチャーズ制作の「ゲーテ診療所」)を観てきました。

井川啓央氏(以下、井川氏):なぜカフェを経営するぼくが映画を撮っているのか、ラジオや舞台、畑で穀物栽培を手がけているのか、これはぼくの人生すべてに言えることなのですが、クリエイティビティというよりは、必要に迫られてやってきた結果です。ある種の焦燥感のようなものが原動力となっています。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

やっていることは一見バラバラに見えますが、自分の中では関連性があって、「すぐに役立つかはわからないけれど、大切にしたいこと」というマメヒコの哲学を発信していて、共感してくれる仲間探しでもあります。

よく「こだわりがあるんですね、すごいですね」なんて褒めて頂きますが、なんだか恥ずかしくて……。

普通なら部署ごとに仕事があるわけですが、人事部、総務部、営業部など、意思決定から実際の活動まで、自分に発注して自分でやっているのは、単純に分業できるほど事業規模がないから、やむにやまれぬ事情があるんです(笑)。

次ページ幼少期の環境が大きく影響
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT