言いたいことが医者に伝わる!ものの言い方

こうすれば「3分診療」でもスムーズだ

では、どうすればいいのか。平松医師は「メモをとること」をすすめている。やり方は簡単。下のイラストのようなシートを作って書き込むだけ。

書き込みシートを活用する

「1には、いちばんつらい症状を書きましょう。それから2に時間経過を書く。例えば痛みの場合、いつからどう痛くなったのか。ひどくなってるのか、やわらいできたのか。それらによって診断や治療法が変わるため重要なポイントです」

3には、1以外に困っていることをまとめて。

症状だけでなく、例えば“DV被害に遭ってるので夫に連絡しないでほしい”“治療費が心配”といった内容でもかまいません

4は病名がはっきりとしている場合、医師に書いてもらうか、教えてもらってメモをとろう。

「病名がわかれば、同じ病気の体験者に話を聞いたり自分で調べたりして、理解を深めることができます。そうして書き終えたメモは診察の前に、看護師から医師に渡してもらうようにすればいい。看護師は医師の機嫌や状況をいちばん把握していますから

大人であれば、言いにくいことを上手に伝えるスキルを持っているもの。それを病院でも生かせばいい。

「例えば、他院への紹介状を書いてもらいたいときは“他人のせい”にすればいいんです。父がどうしても診てもらえと言ってきかないので……と伝えれば、角が立ちません。患者さんが上手な聞き方をしたり、いい質問をしたりする病院は医師も成長します

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。