松下幸之助「経営で成功する秘訣は素直さだ」

経営の神様が語った成功のための思考法

前にも言うたけど、庭の左奥に根源さんの小さなお社があるやろ。あれは神様でも仏様でもない。一応はお伊勢さんの内宮の形をしておるけどな。あれはわしが勝手につくった。

あのなかには、なんも入っていない。わしの考え方が入っておるだけや。根源という考え方が入っておると。あそこへお客さんを案内すると、必ず、根源さんというのはなんですかと聞かれるな。あそこでいちいち説明せんといかん。それがあの場所では面倒やなあ。きみ、案内しておって、やはり聞かれるか?そやろうな。

根源という考え方を持ったの理由

どうして根源という考え方を、わしが持ったか。それはな、こういうことや。考えてみれば不思議やろ。わしのような、一般的には、なんも恵まれておらなかった者が、一応の成果を上げ得たということ。

きみ、うちの会社の売上金額は、東南アジアの国々の国家予算よりも大きいのやないやろうかなあ。それほどまでに大きくなった。実力のない自分が実に不思議やなあと、わしは思ったんや。そやろ。

正直言うと、なぜこうなったのか、それらしい説明は、さっき言うてみたけどな、本当のところの理由は、わしにも、ようわからんのや。しかし、こうなったと。世界的な会社に伍する会社をつくることができたと。けどね、わしの実力があったからではないと思うんや。運というか、たまたまこういうふうになったのやないか。ありがたいと。そう思うんや。

それで、あるとき考えた。ならば、自分をこういうふうに存在させてくれたものに、感謝せんといかん。誰がわしを存在させたんか。考えたら、それは両親やと。これはわしの両親に感謝せんといかんと、そう思った。

しかし、それでは、わしの両親はどうして存在したのやろうか、とすぐ思った。それはそのまた両親からやと。うん、わしのおじいさん、おばあさんやな。しかしそのおじいさん、おばあさんたちはどうなのか、というと、そのまた両親からということに、当然、なるわね。それでは、その両親は、ということで、どんどん考えていったら、ついには人間の始祖にたどり着いた。そこで、わしという人間は、初めての人間から連綿と血がつながっておるということに思い至ったんや。

わしだけではない。きみもそうやで。人間みんな始祖とつながっておる。とすると、今日、わしがこうして存在しておることに対しては、両親や、そのまた両親に感謝せんといかんということは、もちろんのことやけど、初めての人間、始祖やな、始祖に感謝せんといかんと。そう思った。

次ページ初めての人間はどこから生まれてきたのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT