話がかみ合わない親子に効く「魔法の言葉」

「勉強すべき」という大前提からズレている

たとえば次のような例をご覧ください。

双方の「前提」の食い違い

例1)勉強しない子に「勉強しなさい!」「早くしなさい!」と言っても、やらないか、やっても、嫌々ながらやる状態。そして、結果的にテストの点数が良くない。そこで、塾に入れたり、家庭教師をつけるがそれでも解決しない。

【親】 前提(勉強はやるべきこと)→ 事実(勉強しない我が子)→ 結論(怒るか強制的言葉をかける)
【子】 前提(勉強をやる意味があるのか?)→ 事実(親からの言葉)→ 結論(そのような言葉では行動できない)

 

筆者が日頃見聞きする中で、いちばん多いのがこうしたケースです。親にすれば「勉強をやるべき」と当然のごとく思いこんでいるのですが、子どもは「なぜやる必要があるのか」という地点におり、大前提からかみあっていません。「前提部分」が何かに触れることがないため、いつまでも解決しません。

例2)夏休みの宿題について。親は、いちいちうるさく「早くやりなさい!」「まだやってないの?」「このままじゃ終わらないわよ!」と繰り返す。その結果、子どもは嫌々やるものの、結局終わらない状況となった(実は子どもは、実行計画を立てていたが、親から強制的な用語を浴びせられ、やる気を失ってしまった)。

【親】 前提(夏休みの宿題は早めにやるべき)→ 事実(子どもが勉強していない)→ 結論(小うるさく言う)
【子】 前提(夏休みの宿題は計画的に行う)→ 事実(親から小うるさく言われる)→ 結論(やる気を喪失)

 

例3)宿題をやってこない生徒に対して先生が怒る。毎回出している宿題のため、先生はいちいち言わなくてもやってくることが当たり前と思っている。一方で生徒は、先生に言われた場合にのみ、宿題をするという認識を持っている。しかも、先生が、怒っている最中、生徒は「先生が言わなかったからやらなかったのに」と内心思っているが、特に口に出して反論する生徒はいない。この先生は口に出して反論めいたことを言うと、さらに怒りが激しくなると生徒は思っているからだ。

【先生】 前提(いつも出している宿題なので、言わなくてもやってくるのが当然)→ 事実(宿題をやってこない生徒)→ 結論(激しく怒る)
【生徒】 前提(宿題として言われなかったことはやらないのが当然)→ 事実(先生は宿題があると言わなかった)→ 結論(やらない)

 

さらにこの問題ではもうひとつ、前提の食い違いがあります。

【先生】 前提(勘違いがあるなら言うべきだ)→ 事実(特に生徒は何も反論しない)→ 結論(やってこない生徒がわるい)
【生徒】 前提(反論すると先生の怒りは増幅する)→ 事実(怒っている先生)→ 結論(反論しない)
次ページこのような問題の対策は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT