話がかみ合わない親子に効く「魔法の言葉」

「勉強すべき」という大前提からズレている

このような状況はいくらでもあると感じています。問題が起こると、その根っ子には双方の認識の違い、つまり前提が食い違っているということがあり、その点を確認しないで会話を進めるため、問題の本質である根っこから遠ざかり、いつまでも解決しないという事態が起こります。

白石さんの例でいえば、お子さんは勉強よりも部活動のほうが楽しいと思っているので、優先事項は部活動となります。つまり、お子さんは「部活動が大切だ」という前提にたってその後の行動を決めようとします。一方、お母さんは「部活もいいが、勉強のほうが大切である」と考えていらっしゃるので、ドリルをやらせるなどの行動を起こします。前提が双方でまったく異なっているので、このままでは平行線で、解決しないのです。

しかもやっかいなことに「前提→事実→結論」では、「事実→結論」の部分が論理的に正しいと、相手は反論ができません。上の例でいえば、「宿題をやってこないのだから怒ることは当然だろう!」という先生は、一見筋が通っているようにみえます。白石さんの娘さんの例でいえば、「疲れているからドリルができない」という“論理”を持ちだしていますね。しかし、言われたお母さんは「それでは何となくいけない気がする」と感じているようですが、一見正しそうな“論理”のせいで反論できず、どうしたらいいか手に負えなくなってしまっています。

魔法の言葉

『勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

では、このような問題が起こってしまったらどうすれば、いいでしょうか。対策は簡単です。次のマジック・ワードを使えばいいのです。

「そもそも?」

「そもそも、なぜやらないのか?」

「そもそも、どうすべきだと思っていたの?」

と聞けばいいのです(ただし、問題が発生しているときは、双方、感情が高ぶっているので、多少クールダウンするという技術を身に付ける必要はありますが……)。

「そもそも?」という問いかけは、親と子など、何らかの上下関係がある中では、上の者から行う必要があります。関係が下の者が行うと、もし矛盾などを感じていたとしても、意見を言うことや反論することを避けてしまいがちです。ですから上の立場にある人が、「そもそも?」と聞き、確認をしてあげる必要があります。

白石さんは娘さんに「そもそも学校には何をしに行っているのだろうか?」「そもそも部活は何のためにやっているのだろうか?」「そもそも勉強はなぜ必要なのだろうか?」という「そもそも」の話をして、この部分で共通認識を得なければならないでしょう。

親子で会話がすれ違うという方は、一度ぜひ「そもそも?」というマジック・ワードを使ってみてはどうでしょうか。原点や前提に立ち戻り、その点を確認してから会話を進めてみると、これまでの問題はきっと多くが解決するはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT