バーナンキ議長に、勝手に期待した市場関係者

株価の水準は、経済実体や情報とは無関係

19日(米国時間)のFOMC(連邦公開市場委員会)声明文や、FRBバーナンキ議長の記者会見は、ともに極々普通の内容だった。それに対し、NYダウは200ドル以上の下げとなり、ドルは大幅上昇した。20日の日経平均株価も230円安となった。普通のニュースに対して、大きく反応した「市場価格」。これをどう解釈するべきか。出口戦略といった内容に立ち入らずに、これを考えてみよう。つまり、驚きのないニュースに対して、投資家が大きく反応した、というのはどういうことか。その事実だけについて、考えてみよう。

「普通に」考えていなかった、投資家たち

普通は、驚きがなければ、株価も為替も反応しないはずだ。理論ではそう考える。とりわけ、現代ファイナンスにおける効率的市場仮説は、利用可能な情報はすべて証券価格に反映されていると考えるから、このバーナンキ議長の記者会見の内容が、現在の経済状況からいって、極めて普通であった場合には、株価も為替も反応しないはず、となる。

一方、株価も為替も現実には反応したことを、市場関係者は、「出口戦略が近づいた、金融緩和が縮小する見通しが強まったことにより、ドル高、株安となった」と説明している。

この理論的な説明と、現実の説明とのギャップはどこから来ているのだろうか。

一つの可能性は、投資家が、「普通に」考えていなかったということだ。つまり、投資家達は、現実の経済状況を客観的に、「普通に」考えずに、自分達の都合で、金融市場の感覚で考えていたということだ。これは、いつものことで、いまさら言うまでもないことだが、金融市場における論理は、実体経済の論理と大きく異なることが多い。とりわけ、中央銀行の政策に関する見通しに関しては、このズレが大きいことが多い。そして、このズレの要素は二つある。

次ページズレの二つの要素とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT