臓器を“丸ごと”作る!ついに来る、神の医療

異分野から来た科学者が作る、「細胞シート」の衝撃

問題は、培養皿で増やした細胞を酵素を使って剥がすときに、細胞表面で隣の細胞と“コミュニケーションする”大切なたんぱく質が、ごっそり切り取られてしまうこと。そこで岡野教授が考えたのが、培養皿にナノテクノロジーを駆使した特殊な高分子を敷き、「インテリジェント表面」にすることだ。

37℃では細胞がくっついたままシート状になるまで増殖し、温度を下げるとたんぱく質と一緒に細胞がするりと剥がれる。インテリジェント表面のおかげで、細胞の機能を保ったまま、自在に貼ったり剥がしたりできる細胞シートが作れるようになった。

京都大学の山中伸弥教授のノーベル賞受賞で話題のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療の実現にも、細胞シートの技術は欠かせない。人体のあらゆる細胞に分化できるとはいえ、iPS細胞を注射するだけでは定着せず、病気は治せないのである。

工学博士が作った、新しい“医学生態系”

再生医療の研究者――そう聞くと、その人物は医師に違いないと思い込んでしまいがちだ。だが、実は岡野教授は「医師じゃない。工学博士なんです」。

岡野教授は1970年代半ばから9年間、早稲田大学の工学部で高分子の研究をしていた。当初は医療の世界など頭になかったが、ビニロンなど繊維開発のための高分子研究は全盛期を過ぎていた。そんな中、岡野教授も当時、注目が高まりつつあった、生体内で使えるバイオマテリアルの研究に取り組むことになった。その後、早稲田大学大学院の博士課程在籍中に、東京女子医大で動物を使った研究を行う機会を得た。以来30年以上、医学部をフィールドにして研究を続ける。

工学と医学、両方を知るからこそ見えてきたものがある。

「工学部の中にいい技術があっても、医学がわからないと新しい治療法は考えられない。一方で、医学では目の前の患者を治すのがゴールだと思われている。でも、自分が治せる数なんて、限られているじゃないですか。

“神の手”と言われるすばらしい外科医がいますが、”神の手”はその人が死んだら終わってしまう。多くの患者を、若手の医師でも治すことのできる優れた技術開発を普及させて、未来の何万人、何十万人を治すことが、非常に重要なんです」

日本の学問分野は効率を追い求めた結果、縦割りが根付いてしまっている。治らない病気を治す研究をするには「両方わからないとダメ」なのに、日本には医学と工学が融合する場所がない。「ないなら作ってしまおう。さらには企業も巻き込んで、新しい産業を興そう」――そう決意した岡野教授の求心力たるや、超強力磁石もびっくりするほど強烈だった。

次ページ夢は、細胞シート工場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT