ガガ様も惚れた、パークハイアットの真摯

変わらないのに新しい? 記者が見た独特の世界観

グランドハイアットとの決定的な違い

この独特のグリーンの内装も、家具も、約20年前の創業当時からあまり変えていない。ベッド上のファブリックは「これでもか」と”盛る”より、上質かつシンプルな白で勝負する

――それにしても、パークハイアットは簡単には「変えない」のですね。六本木のグランドハイアット東京が「日々革新」をうたい、ディスコイベントなど斬新なサービスを続々と投入するのとは対照的です。全世界的にパークとグランドはそういう差がある、と理解していいのでしょうか。

変化しないとは言っていません。Revolution(革命)でなく Evolution(進化)です。あなたの質問は非常に興味深い。非常に顕著な両者の違いを言い当てている。パークハイアットは、お客様の心地よさのためにある、いわば聖域のようなもの。一方、グランドハイアットは躍動感のあるホテルです。だから毎日イノベーションが必要なのでしょう。

われわれも決して94年にとどまっているわけではない。モダンな方向性をしっかりと押さえながら、進化していく。顧客は、「毎日が驚き」であることやスピード感があることを、パークハイアットに求めていない。海外からシェフを招いて行うプロモーションや新商品は100%正真正銘で、その時期ごとに適切です。気持ちを込めて、お客様に提案しています。

両ホテルのロビーに座っていれば、どちらがいい悪いでなく、まったく異なる雰囲気を感じるはずです。お客様の動くペースや、お客様から期待されるものは明らかに違います。

国内外を問わず、話題性だけのために、フェイスブックに新しい記事を載せるなど、ひたすら新しいことを追求するようなホテルもあるでしょう。われわれはいろいろと調査をして、本当にお客様のためになることなのか、本当に興味深いことなのか、をよくよく考えてから、いろいろなことを導入しています。

先日もニューヨークバーでプロモーションをしましたが、新しいミクソロジスト(バーテンダー)を招聘して、新しい料理を提案しました。これも、ただ格好いいからやるというのではありません。

子どものためのプログラムについても同じです。客室にアメニティとしておもちゃを置いたり、チョコやキャンディを置いたりというのは、どこのホテルでもやっているでしょう。でもパークハイアットは、その一歩先を行っています。テーブルの角を丸めたり、安全面にも配慮しています。お客様がサービスとして求めることと、ホテルが提供できることのギャップを埋めることが大切なのです。

次ページレディ・ガガが歌った夜
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT