不妊治療、わたしはこれがつらかった!

今や不妊は国民病です 

学力はオールAなのに精子は「判定不能」

男性側の意見も聞いてみよう。北陸地方で複数の飲食店を営む、「4代目」の金澤航平さん(仮名・40)は、精子の通り道が閉塞している閉塞性無精子症という「男性不妊」に悩む一人だ。

「地元地方銀行のOLだった妻は、5年前に結婚後、家業の手伝いをしながら『5代目』を産むことを半ば義務づけられていました。ところが、2年経っても3年経ってもできない。当時は、まさか自分に問題があるとは想像もしませんでした」

小さな町であるため、地元の名士の「世継ぎ」が誕生しないとなると、うわさがうわさを呼ぶ。

「寄り合いや、組合の活動のとき、『まだなの?』と言われるくらいならまだいいほうです。ただ道を歩いているだけで、『病院行ったほうがいいよ』と言われることもあります」

航平さんの両親も、子宝に恵まれないストレスをまず妻にぶつけてくる。「早く跡継ぎの顔が見たい」と無責任に催促してくるのだ。

「今度は妻が両親の悪口を言い出す。すると僕も面白くなくて言い返す。夫婦の仲まで最悪になり、お互いノイローゼ寸前でした」

離婚の危機さえあったが、「子どもができれば万事解決」と考え、昨年、不妊治療を受けることを決断した。しかし、ここでも「田舎」の壁が立ちはだかる。

「地元の病院に行けば、医者や患者に必ず知り合いがいる。受診を知られるのは避けたいので、東京に遠征することにしたんです」

ネットで評判の医院に駆け付け、医院近くのウイークリーマンションと契約。妻は、そこで“単身赴任”しながら、検査、検査の日々。航平さんも、3回に及ぶ精子検査や受診のため、何度も東京に通った。

「3回の精子検査の結果は『検出不可』。精子検査は奇形率、速度、運動率などの項目で、ABCDE判定が出るのですが、判定さえできない。学校の成績はつねによかっただけに、『判定不能』というのは脳天を打たれるほどショックでした」

閉塞性無精子症は精子が存在しないわけではないので、精路再建術により詰まりを解消すれば、自然妊娠の可能性もあるし、睾丸(こうがん)を切断して精子を 取り出し体外受精することも可能だ。夫婦共に相当な身体的負担を強いられるうえ、コストは約100万円かかるそうだが、夫婦相談の結果、「やる」と決断し た。現在は、航平さんの手術待ち状態だ。

「まさか、睾丸を切るとは想像もしなかったので、今から緊張してよく眠れ ない日もあります。睾丸が温まるといい精子ができないからと、趣味のサイクリングも、サウナも禁止され、入浴はシャワーだけ。元気な精子を作るためだと、 トマトばかり食べさせられるなど、つらいことだらけですが、責任は自分側にあるので黙って従うのみです。妻は僕以外の人と結婚すれば自然妊娠できたはずな のに、したくもない体外受精の苦痛を味わうのかと思うと、耐えるしかありません」

次ページヒステリーを起こす妻
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT