アドビ新目玉機能「センセイ」とは何者なのか

「Adobe MAX 2016」現地リポート

11月2日、AI・機械学習プラットホーム「Adobe Sensei」を披露したアドビシステムズCEOのシャンタヌ・ナラヤン氏(著者撮影)

アドビシステムズは、11月2日から4日まで、米国カリフォルニア州サンディエゴでイベント「Adobe MAX 2016」を開催、一連の製品の刷新と新しい技術やサービスについて発表した。アドビはすでに「Creative Cloud(クリエーティブ・クラウド)」と呼ばれる購読型サービスに移行しており、ユーザーは最新の機能を順次配信されるアップデートで利用することができる。

その中でも、日本人として目を引くのが「Adobe Sensei」だ。「Sensei」は、日本語の「先生」から取っているという。この新しい機能は一体何ができるようになるのか?

「Sensei」に込められた意味とは?

「先生」という日本語には教えてくれる人というイメージがあり、高度化するソフトウエアをユーザーのそばで教えてくれるようなアシスタントのイメージを持つこともできる。もちろんそうした要素を持ち合わせているが、それだけではない。

アドビは「Sensei」という言葉について、「Master/Teacher」と説明する。ただ教える人ではなく、経験や知識に基づく深い洞察を持ち、生徒からも学ぶインタラクション(相互作用)ができる存在のことだという。その様子は、アドビが取り組んできた機械学習の取り組みを表現しており、米国本社で「Sensei」という言葉が候補に挙がった。

アドビは機械学習の機能について、これまでもさまざまなソフトウエアで取り組んできた。今まで“アドビマジック”と呼ばれてきた魔法のような機能は、Adobe Senseiが内包する。3月にラスベガスで開催されたマーケティング・クラウドのイベント(関連記事)では、顧客分析やコンテンツ生成分野での機械学習活用が紹介されたが、Adobe Senseiはこれらのクラウド上にある人工知能・機械学習の環境の総称として発表された。

次ページ「センセイ」は何ができるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT