なぜ日本野球はメジャーリーグに勝てないか

メジャーリーグに最も近かった男、佐々木誠の監督論

NTT西日本で監督を務める佐々木誠(写真中央)。なぜ彼はプロでなく社会人を選んだのか(写真:日刊スポーツ/アフロ)

日本の競争はぬるい

1990年代に「メジャーリーグに最も近い男」と言われた佐々木誠が、現在、プロ球団の誘いを断り、社会人野球での指導にこだわるのには明確な理由がある。

さかのぼること12年前の2001年。佐々木はアメリカの独立リーグで1年を過ごし、日米の差を痛感させられた。

「独立リーグで1年プレーし、日本のプロ野球で過ごした17年がバカみたいな、意味のない時間だったと感じた」

1983年にドラフト6位でプロ入りした佐々木は、南海、ダイエー(ともに現ソフトバンク)、西武、阪神で17年間プレーし、1992年に首位打者を獲得。ベストナインに6度選出されるなど、球界を代表する左打者になった。2000年限りで阪神を退団すると、翌年にはメジャーリーグの春季キャンプに参加する。紅白戦やオープン戦で結果を残したものの、ビザや35歳という年齢がネックになり、契約には至らなかった。そこで、独立リーグでプレーすることに決める。

「野球の原点を求めたかった。若い子やトライアウトに来ている選手は、本当に一生懸命やっている。日本がメジャーリーグに勝てない理由はそこにあると思う。独立リーグは夢をどうやって実現するかという点で、すごく厳しい世界だった」

日本でのプロ生活と異なり、独立リーグの環境は過酷だった。選手の受け取る月収は、わずか300ドルほど。長時間のバス移動は当たり前で、18時間バスに揺られた直後に試合をしたこともある。

「そんな環境でも野球をやりたい選手が契約して、苦労を続けるからメンタルが強くなる。日本の環境のぬるさをつくづく感じた。メジャーからマイナーリーグに落ちれば給料も下がるけど、日本では2軍に落ちても賃金は下がらないし、リリースもされない。これでは、日本の野球はメジャーに追い付かない」

次ページ日本とアメリカの差
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。