三井物産の母、豪快すぎるキャリア人生

3人の育児との両立、「アッハッハ」で乗り越える

一方の母親業は、直近、長女の中学受験をサポートし、無事、望みの私立中学校に入れたばかりだが、次にはすぐ次女の受験、三女の小学校入学が待ち構える。

中山さんの“パズル”は、まだまだ、全体図が見えるまでに時間がかかりそうだ。だが、その絵が見えないからこそワクワクするし、面白い。

「たとえ困難な状況でも、その状況の中で、自分がやりたいことや目標を見つけてクリアするのが楽しい。だから、会社や家族や周囲に、ああしてほしいとか、こうしてほしいとか思ったことは、あんまりないんですよね」

所与の条件を受け入れ、ベストを尽くす――。

「言われてみれば当たり前」のようにも思えるこのことが、普通はなかなかできない。

中山さんは、3人の子育てという難業と、未知の領域で白紙から商売を興すことを同時に経験し、その領域にたどり着いたのだろう。

「いずれは海外赴任を経験し、最終的には関係会社の経営陣として、どっぷりつかって経営がやりたい」という目標がかなう日も、着々と近づいているように思えてならない。

未整備の荒野を開拓するような挑戦は過酷だ。しかし、困難を克服すれば、その後は、次々と可能性が開けてくる――。ワーキングマザーが開拓していない未開の地は、実はまだまだあるはずだ。そしてその荒野を開拓した経験は、確固たる自分の武器になり、会社にとって社会にとって希少な資源になるに違いない。

中山さんは、そんなことを考えさせてくれる。

(撮影:梅谷秀司)

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。