ドミニカで“日本式野球”を布教する男

広島カープのアカデミーを直撃取材

昨シーズン、育成選手として広島で過ごしたホセ・ポランコは、日本で貴重な経験を積んだ。

「日本の練習がハードというのは、正確な表現ではない。それは彼らの熱意なんだ。日本人はそうやって上達していく。俺もさらなる努力が必要だ。メカニック(フォームにおける一連の動作)をもっと上達させなければならない」

(撮影:龍フェルケル)

フェリシアーノはカープアカデミー時代、コーチの古沢憲司(今季から広島の1軍投手コーチ)にかけられた言葉が脳裏に刻み込まれている。

「一生懸命プレーしなければ、何も達成することはできない。努力した者だけが、いい選手になることができる。古沢さんにそう言われたことを、絶対に忘れない。ドミニカのコーチは、そんなことを教えてくれないからね。メンタルの話をされることなんてないし、活躍できなければ解雇されるだけ。いい選手になるためには、日本の野球の考え方が必要だ」

人間的に成長する必要性

努力しなければ、上達できない――。日本人にすれば当たり前のことが、外国では驚きとともに受け止められることもある。外国人の考える努力と、日本人の定義する努力の違いもあるだろう。

「人間的に成長できない者には、人生にさまざまな障害が待ち受けている。信頼して共にプレーするコーチ、選手を見つけることができなければ、練習でうまくなることはできない」

日本人コーチとの出会いで人生観が変わったフェリシアーノは、現在、母国のドミニカ人選手に日本流で教えながら、成長を促している。今年の秋季キャンプには4~5選手を広島に送り込める可能性があるという。

「皆さん、ドミニカからいい選手を送ります。頑張ります。お願いします!」

目を輝かせ、流暢な日本語でそう言ったフェリシアーノ。メジャーの眼鏡にかなわなかったドミニカ人選手たちは、日本式の練習でどこまで可能性を伸ばすことができるか。まずは、今年の秋が楽しみでならない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT