ドミニカで“日本式野球”を布教する男

広島カープのアカデミーを直撃取材

2月現在、カープアカデミーには13選手が所属している。その全員が投手で、年齢は20歳前後だ。フェリシアーノの言葉を借りれば、彼らは「セカンド・タレント」と形容できる。

「正直、カープアカデミーに来る選手の才能は、カネのあるメジャーリーグより劣る。でも、彼らだって可能性を秘めている」

そう話すフェリシアーノの指導法は、ドミニカでは極めて異質の日本流だ。メジャー方式が一般的なドミニカで、日本式を浸透させるためにフェリシアーノは毎日こう繰り返している。

「強いメンタルを育むことができなければ、いい選手にはなれない。強靭なメンタルを身に付けなければ、スーパースターにはなれない」

若手選手を指導するフェリシアーノ(撮影:龍フェルケル)

カープアカデミーに所属する選手のほとんどが、貧困に苦しみながら育った。幼少期に学校へ通えなかった弊害で、規律と他者への敬意を欠いている。大人になった現在でも自らに厳しい練習を課せず、技術指導を受けても1週間後には忘れてしまうという。

フェリシアーノは広島でプレーしながら規律を学び、体格でドミニカ人に劣る日本人選手が活躍できる理由を肌で理解した。日本人はつねに一生懸命プレーし、強いメンタルを備えていた。

そうした心構えこそ、成功する秘訣だとフェリシアーノは熱弁する。

「いつだって、絶対にあきらめないことが重要だ。あきらめた瞬間に、付いて行けなくなる。つねに向上することを心掛け、チームのために貢献しなければならない。選手には日本の文化、日本の野球に敬意を払うように話している。互いを尊敬し合うことができなければ、野球をプレーするのは難しい」

次ページ日本式のハードな練習
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT