「外来種は悪者だ」を否定する本は悪書なのか

生きもの好きだけに地球を任せてはいけない

想像の産物に過ぎない「手つかずの自然」を守るのではなく、外来種の活力と「侵略本能」を活かして自然の再生をめざすニュー・ワイルドこそが21世紀の環境保護ではないか、これが著者の結論である。本書の立場に賛成か反対かはともかく、環境保護運動にかかる必読の1冊であろう。

ところで、本書は一部の専門家には評判が悪いようだ。例えば「悪書、著者は生き物がそんなに好きではないのでは? 生き物が好きでないなら余計なことは考えず(黙っていてほしい)」「雑な本がわざわざ翻訳されてそれを門外漢が書評する」などなど。

地球を「生き物好き」だけに任せておけばいいのか

『外来種は本当に悪者か?:新しい野生 THE NEW WILD』フレッド・ピアス (著), 藤井留美 (翻訳) 書影をクリックすると、Amazonのサイトにジャンプします

僕は、悪書や雑な本は「第3者による検証が不可能な『新資料』『新事実』に基づいたもので、学問的な実証手順を抜きにして組み立てられたもの」と理解しているが、本書がそれに当たるのだろうか。「著者は生き物が嫌いでは」と言う人はおそらく生き物が大好きなのだろう。しかし、地球は生き物が好きな人だけに任せておいていいのだろうか。

「門外漢の書評」も同じで、素人は口を挟むなと言われれば、僕は生命保険本の書評しか書けなくなってしまう。そもそも、素人の判断を信じることが民主主義の根幹ではなかったのだろうか。多様な素人の意見を、悪書、雑な本などと決めつけるこのような一部専門家が、仮に自然の多様性を守れという運動をリードしているのであれば、その運動は市民的な拡がりを欠くようになるのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT