「外来種は悪者だ」を否定する本は悪書なのか

生きもの好きだけに地球を任せてはいけない

「手つかずの自然」は地球上どこにもない(写真:nickdale / PIXTA)

外来種と言えば、琵琶湖の在来種を脅かすブルーギルやブラックバスが脳裏に浮かぶ。いかにして駆除するか、心ない放流を食い止めるか。どう猛な外来種から琵琶湖の自然を守れ。確かにそうだと思う反面(ちなみに、僕は琵琶湖の外来種の駆除にはずっと賛成している)、何か心にひっかかるものをずっと感じていた。本書は、この問題に正面から挑んだ力作である。

冒頭、南大西洋・アセンション島の鬱蒼とした雲霧林(グリーン山)が紹介される。原始の状態が残っていると考えた著者の推測は完全にはずれた。ダーウィンが訪れたときは丸裸の島で人間が持ち込んだ外来種が島を緑に変えたのである。

ほとんどの外来種は生態系を豊かにしていた

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

孤島の生態系は外来種の絶好のカモだという思い込みには根強いものがあるが、島嶼グループを対象にした調査では在来種に重大な影響を及ぼしたものはほんのひと握りで、ほとんどの外来種は多様性を高め生態系を豊かにしていたのである。著者は、オーストラリア、ヴィクトリア湖、エリー湖などの実例を丹念に検証し、人間が破壊した環境に外来種が入り込み、むしろ自然の回復を手助けしていると論じる。

「手つかずの自然」は地球上どこにもない。アマゾン川の両岸に広がる熱帯雨林は何百万年前から変わっていないのではなく、旧大陸から持ち込まれた病原菌によって新大陸の住民が死滅したので森林が復活したのだ。アフリカでもヨーロッパ人が牛疫ウイルスを持ち込み牛が大量に死滅したことによって、灌木が茂り野生動物がよみがえったのである。

著者は外来種悪玉論からの改宗と周回遅れの環境保護運動に警鐘を鳴らす。外来種被害のデータがいかにずさんであるか、執拗に数字を追っていく。この徹底した数字へのこだわりが本書の説得力を高めている。

次ページニュー・ワイルドこそが21世紀の環境保護
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT