「焼き肉」の美味しい焼き方を知っていますか

メニュー細分化にも対応する玄人の知恵

「タン」 の焼き方

まずスターターとしてオーソドックスなオーダーは、タン塩になります。タン塩はタレ焼きと違って、網が焦げ辛く、スタート段階でまだ網の温度が安定しない中で、理にかなったオーダーになります。今回は厚さ3~4ミリの薄焼きタンを基本としていますが、現実にメニューとして存在する厚めのタンと、焼き方を変えるということがポイントになります。

薄焼きタンは、まず焼き網の真ん中に乗せて片面を焼いていきます。肉に火が入ってくると水分が抜けてきます。タンの場合の目安として、外側が反り返ってくるので、そこですかさず裏返します。たとえば3~4ミリの厚さのタンだと片面15秒、裏返して10秒が目安になります。

厚焼きタンを焼くのは難しい技術です。できれば網の真ん中ではなく端で、じっくり焼くことをお勧めします。薄焼きタンと同じ焼き方をすると、表面の色が変わって焼けているように見えますが、中まで火が通っていないケースがあります。従い、まずは弱火で片面の焼き色がつくまでじっくり焼き、タン特有の反り返りが確認できたら裏返して、しっかりと焼き色がつくまで、焼きましょう。

両面がしっかり焼けたら今度は、トングに焼けたタンの両面を挟む感じで側面を焼いていきます。この時のポイントとして、焼く側面を回しながら順に焼き肉汁を封じ込めていきます。厚焼きタンを完璧に焼くことができれば、噛んだ瞬間、タン独特の歯が肉にサクッと入る楽しい食感と共にジューシーな肉汁を味わうことができます。

まずはさらっと網の上で肉をしゃぶしゃぶ

「ロース」 の焼き方

 

大きく分類すると、牛の肩から背中にかけての部位になります。分類の仕方は色々とありますが今回は、サーロインとリブロースは特上ロース、ザブトンは上ロース、クラシタはロースに分類します。サーロインとリブロースは、価格が別格なので、注意して焼きましょう。

ザブトンはすき焼きにも登場する部位になります。ロースと言えば、赤身を想像しがちですが、結構サシの入った部位になりますので、まずはさらっと網の上で肉をしゃぶしゃぶするように2~3度繰り返します。この焼き方は、肉のサシの部分を網になじませる意味があり、網を焦げにくくする効果もあります。炭焼きで3~4ミリの厚さの肉を焼く前提で、特上ロースは片面20秒返して15秒。レアが好きな人は10秒、裏返して8秒。上ロース、ロースは、若干赤身が強いので、25~30秒。20秒も焼いていると肉汁が浮いてきます。まるで肉が汗をかいているような状態ですので、ここですかさず裏返しましょう。

次ページ「赤身肉」、「カルビ」の焼き方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。