「焼き肉」の美味しい焼き方を知っていますか

メニュー細分化にも対応する玄人の知恵

「赤身肉」 の焼き方

 

部位としては、特上赤身と赤身に分類し、代表的な部位としては、特上としては柔らかいイチボ、トモサンカク、クリミ。赤身のトップランクはヒレで、シャトーブリアンは別格として位置づけます。特上赤身を焼く場合、強火で25~30秒程度。汗をかいた状態で、ちょっとでも水分が上がってきたときに裏返します。

通常赤身は、特上に比べると、やや硬めになります。部位としては、亀の甲、シンシン、ソトモモあたりです。網の真ん中の強火ではなく、弱火で1分程度、じっくり焼くのが良いでしょう。

一般的には、片面を焼き、お肉の周りの部分に肉汁がうっすら見え、表面に焼き色が少しついたら、裏返す。ポイントはできるだけ動かさずに焼くことです。上面の周り部分に肉汁が少し出てきたくらいで返しましょう。

サシの入った部位はスピード命

「カルビと言われる部位」の焼き方

代表格はカルビと称される部位です。ただ、「焼き肉店の部位メニューが細分化された理由」でも触れたとおり、実はカルビという部位は厳密には存在しません。現に、カルビという名をメニュー名から消し去っている有名焼き肉店もある程です。ここでは特上カルビをサンカクバラ、上カルビをカイノミ、インサイドスカートとします。

カルビ、ばら肉など、比較的脂身の多い薄い肉を焼くときは、焼きすぎないようにすることがポイントです。肉を裏返すのは、表面の淵が白くなったときで、10秒が目安。比較的脂身の多い薄い肉の場合、火の通りが早く、脂身が流れだしやすいので、焼きすぎると肉特有のおいしさが失われてしまいます。焼きすぎないようにすることが大切です。

これこそ冒頭の「片面8秒焼き」の世界です。ある程度、大きくカットされているのであれば、オススメは網の上でのしゃぶしゃぶ焼きです。トングで肉の端を持ち、しゃぶしゃぶの要領で、両面を軽くしゃぶしゃぶしてから本格的に焼きに入ります。適度に脂が落ち、それから片面ずつ焼くので、両面が適度に焼けて、非常においしく焼けます。おいしく焼くときの天敵は肉の焦げなので、サシの入った部位はスピード命です。

次ページ「内臓系」の焼き方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。