「焼肉女子」を狙う人気店の驚愕スイーツ戦略

さっぱりした味だけでなく、見た目にも楽しい

このフワッフワなかき氷が焼肉店で食べられるのです!

焼肉の締めはスイーツ!?

京都小山園のほうじ茶、薩摩しろくま、コーヒーミルク、バジルレモン――。

東京・上野末広町にある人気焼き肉店「生粋」の盛り合わせコースを締めるのが、この4種類から選択するスイーツのかき氷です。氷の削りはかき氷専門店も顔負け、フワッフワで口どけが良く、後味も爽やか。しろくまとコーヒーミルクの甘い系はなじみのある味で、特に驚きは感じられませんが、ほうじ茶は焼肉の油っぽさを消してくれる存在で香りもいい。バジルレモンは、口に運ぶとハーブ独特の香りがふんわりと広がり、焼き肉の油っぽさから口の中を解放してくれます。

私は週2ペースで都内の焼き肉店を訪店しています。予約困難店含め100店舗以上を訪店しており、その動向について独自に研究しています。その私から見て、実は今、生粋のかき氷のように、食後の焼き肉の油っぽさをさっぱりと変身させてくれるだけでなく、目にも楽しいスイーツを充実させている焼き肉店がどんどん増加しています。

よろにく(東京都港区):薩摩しろくま(小)800円、(大)1000円、
京都小山園のほうじ茶(小)800円、(大)1000円
にくがとう(東京都中央区):特製ふわふわかき氷(プリン味、抹茶味)各500円
赤坂KINTAN(東京都港区):ミルクかき氷980円
正泰苑総本店(東京都荒川区):オリジナルかき氷(イチゴみるく)580円、+200円でお好きなアイス付
次ページまだまだあるスイーツメニュー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT