「焼き肉」の美味しい焼き方を知っていますか

メニュー細分化にも対応する玄人の知恵

あなたは漠然と焼いてしまっていませんか?(写真:ささざわ / PIXTA)

「片面8秒ずつ焼いてください。さっと炙る程度で結構です」

メニューごとに焼き方を秒単位で指導

赤身肉、塊肉、熟成肉、そして希少部位。昨今、人気の焼き肉店を訪れると実にさまざまなメニューが用意されています。それゆえに今では、ご丁寧にもメニューごとに焼き方を秒単位で指導してくれる焼き肉店も多々存在するぐらいです。

私は平均して週2回のペースで東京都内のさまざまな焼き肉店を訪店しています。予約困難店含め100店舗以上を訪店しており、その動向について独自に研究しています。その私から見ると、最高級である「A5」ランクの肉でも、焼き方次第では味も食感も台無しになることから、肉のもっともおいしい食べ方を知る焼き肉店側は、焼き方を細かく指導しているのでしょう。

『焼き肉店の部位メニューが細分化された理由』(8月25日配信)で紹介したように、最近の焼き肉店では部位メニューの細分化が進んでいます。このデメリットは、部位ごとに名称が複雑になり、焼き方が困難になってきていることです。

つまり客側の負担が大きくなってきています。「焼き肉では肉を好きに焼いて、食したい」という願望がある一方で、本音としては今更聞けないけど、複雑化している部位の焼き方を知りたいという要望を私の周囲では多く耳にします。従って、今回は今更、聞けない焼き肉の焼き方の作法を解説しましょう。

次ページ焼き方の作法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT