デキない男はストレスがもろに「顔に出る」

デキるひとは、顔もカラダも脳も美しかった

・鮮度:地上波ニュースは、海外ニュースや国内の新聞から得た情報が多く、鮮度が落ちる。

・調味料:恐怖・怒り・妬みなどの感情を煽る「情報の化学調味料」が混入し、感情の健康に悪い。

・味:同じ情報を繰り返して流すことが多く、情報としてのうま味がない。

美脳の秘訣は、情報の鮮度と味の良さにあった

 一方、デキるひとが美脳のため取り入れるのは、

 ・海外発のニュース
・仕事や趣味に関するいつものキーワードで、毎朝ネット検索をかける

といった具合に、世界に目を向けて、鮮度と味の良い情報を取りに行くケースが多いようです。

「ぶちゃいく化」防止のための対策とは、すなわちコンディションづくりのこと。世の中のデキないオトコが1人でもぶちゃいくケアを始めることで、世の中がちょっとずつ良くなるかもしれません。鏡を見て、自分を変えよう。あのスーパースターが歌ったフレーズを思い出します。

I'm starting with the man in the mirror. I’m asking him to change his ways
『世界』を変えるにはまず『鏡の中の男』を変えよう 〜 マイケル・ジャクソン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT