デキない男はストレスがもろに「顔に出る」

デキるひとは、顔もカラダも脳も美しかった

次は、デキるひとの美ボディケア。仕事における「美ボディ」も、美顔と同様に体重や体のラインは関係ありません。仕事のパフォーマンスは、ボディの「型」に大きく左右されることが心理学的に実証されています。それは、姿勢としぐさです。

 
・姿勢
ポジティブなポーズを取ると、パフォーマンスが向上するという心理学の実験結果があります。デキないオトコの姿勢は、スマホばかり見ているせいか、下向き視線で前屈みが基本。その一方で、デキるひとは前向きな目線を心がけ、ときどき胸を張ったり手を腰に当てたりして、気分をアゲていました。
・しぐさ
脳科学によると、人は会話時に同じしぐさをする相手に好意を持つそうです。デキるひとは、相手と同じしぐさをして共感を得るのが得意。デキないオトコが会話時にしがちなのは、腕組み。腕組みは、相手との同調ゼロなしぐさを貫くので、相手からの評価はイマイチです。

デキる人が地上波ニュースを見ない理由

 それに加えて、デキる人はなんと脳に取り入れる情報にも気をつけていました。

デキるひとが避ける情報とは、たとえば地上波テレビやネットのニュースです。その3つの理由を聞くと、確かに「脳に悪そう」と納得しちゃいます。

次ページ地上波ニュースに含まれる「異物」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT