デキない男はストレスがもろに「顔に出る」

デキるひとは、顔もカラダも脳も美しかった

「ぶちゃいく化」は、柔軟にコミュニケーションが取れなくなるところから始まります。コミュニケーション能力が低いのは、まさにデキないオトコの特徴。仕事場でこんな発言が増えたら「ぶちゃいく化注意報」の発令です。

「わかりました」を連発する、デキないオトコ

①「わかりました、わかりました、わかりました・・・」

わからない(=理解できない、納得できない)けど、とりあえず「わかりました」と言っておく。意見すること、確認することが鬱陶しくなり、この言葉を連発し始めたら、「ぶちゃいく化」発動のサインです。

②「~出来兼ねます」

この不思議な日本語が、デキないオトコの常套句の1つです。決められた仕事以外の依頼は対応できない。「出来兼ねます」と言った瞬間に会話が遮断されてコミュニケーション不全になり、「ぶちゃいく化」が進行します。

③「わかります!?」

「オレが言ってることを、何でお前はわからないのっ!」的トーンで「(オレが今言ったこと)わかります!?」と相手に激しく迫る。コミュニケーション能力の劣化が著しい、「ぶちゃいく化」が深刻な状態です。

この手の発言が増えてきたデキないオトコを見ると、仕事での手詰まり感がありありと伝わり、表情を窺うと「やだ、ひどい顔・・・」。心のすさみが感じられる見た目になってきます。

一方、デキるひとはどうやってストレスフルな状況下での「ぶちゃいく化」を防止しているのでしょうか。お話を聞いてみると、目からウロコなセルフケアを実践していることが分かりました。今回は女性も男性も使える、「ぶちゃいく化」防止のためのお作法を考えていきます。

次ページイラついたときにするべき表情とは・・・?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT