39歳大学講師が結婚のために「捨てたもの」

村上春樹のような「いい返し」は要らない

関東地方のある大学で講師をしている佐藤智子さん(仮名、39歳)へのインタビューは東京・丸の内にある蕎麦屋で行った。3年間付き合っていた恋人と30歳になる直前で別れた経験がある智子さん。大学では任期付の講師であり、次の職が地方の大学で見つかった場合は東京を離れるかもしれないと口にしたことが別れのきっかけだった。

智子さんは博士課程を終えて社会に出たときには27歳になっていた。好きな研究の仕事を続けるために必死な時期であり、都内の企業で忙しく働く恋人との生活を優先する決断はできなかった。

「任期付の講師は常に不安定な立場です。辞めて専業主婦になろうかと考えたことはあります。でも、結婚を逃げ場にすると後悔する、根本的な解決にはならないと思い直しました」

仕事が落ち着いた33歳で結婚を考え始める

その後、智子さんは関西地方の大学で3年間働いた。実際に東京を離れることになったのだ。恋人とは早めに別れておいて正解だったのかもしれない。

33歳のときに再び東京の大学で職を得た。智子さんは仕事にも慣れて自信がつき、「そろそろ結婚したい。子どもも欲しい」と思い始める。その頃、同じバンドのファン仲間である女性が婚活を進めていた。

「私は人の影響を受けやすいんです。友だちに教えてもらうままに婚活パーティや合コンに参加しました。そこで出会った男性と何度かデートしたこともありますが、1年近く経っても先に進みませんでした。20代の頃だったらそれでも構いません。でも、30代の私にはこのペースでは無理だと思いました」

逆に、気持ちが盛り上がらないうちに「先」に進むことを求められ、連絡を絶った相手もいる。結婚に焦っているとはいえ、一緒に食事をして楽しくない男性との恋愛や結婚は考えられなかった。

智子さんのように会話や食事の相性を重視する女性は少なくない。少々脱線するが、「男性と食事しながらどんな会話が理想なのか」を聞いてみた。

「聞き上手であればいいというわけではないんです。話を聞いてくれるのは嬉しいけれど、私の話に対してどんな感想や意見を持ったのかも知りたい。賛成してくれなくても構いません。うまく言えませんが、『いい返し』をしてくれる男性は好きになりやすいです」

次ページ「いい返し」をするには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。