「少子化の元凶」は本当に晩婚晩産化なのか

生物学的な面ばかり見ていても答えはない

「適齢期」をどのように考えたらいいでしょうか(写真:sasaki106 / PIXTA)

先日、某商工会議所の少子化対策セミナーでパネリストを務めることがありました。当初の依頼でのシナリオは、「若くして子どもを産むことの利点を示し、少子化に歯止めをかけるべきことを女性の口から話してほしい」といった内容でした。

実はこの依頼には少し戸惑いを覚えました。確かに生物学的に見て、出産にふさわしい「適齢期」はあります。しかし、その時期に出産する人が増えず、むしろ減っているという現状を直視せず、ただやみくもに出産を促すのでは、抜本的な解決にならないのではないかと思ったからです。

そもそも、日本はなぜ晩産化の傾向にあるのか。少子化対策のために、高齢出産は極力、回避すべきなのでしょうか。議論の背景を改めて考えてみたいと思います。

「適齢出産」のメリット

時代の変遷とともに呼び方も改められる必要もあるとは思いますが、現在、定義上は35歳以上の出産を「高齢出産」と呼び、他方、19歳以下の出産を「若年出産」と言います。その両者の間、20歳以上35歳未満のいわゆる「適齢出産」の利点を考えてみると、恐らく「母体が妊娠しやすく、健康な母親から健康な赤ちゃんを望める可能性が高いから」というのが最大の理由となるでしょう。

次ページ経済面はどうなのでしょうか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT