晩婚化と男性不妊の切っても切れない関係

女性だけに原因を求めてはいけない

自分たちだけで悩みを抱えているカップルも少なくありません(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

結婚して「子どもが欲しい」と望んでも、なかなか子宝に恵まれない。そんな「不妊」に人知れず悩んでいる夫婦は少なくない。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、日本のカップルの6組に1組は何らかの不妊治療をしたことがあるといわれており、それがきっかけで離婚に至ったり、うつになったりといった例もあるようだ。

日本では不妊はタブー視された問題でもあり、教育などの場で情報を得る機会が少ないため、正確な知識が広がっていない。だから「不妊は女性に原因がある」という偏見がいまだに残っていて、不妊治療も女性側に偏りがちだ。

ところが、WHO(世界保健機関)の調査によると、そのうち、女性に原因がある場合は41%、男性に原因がある場合は24%、男女ともに原因がある場合は24%となっている。不妊は女性側の問題と思われがちだが、不妊カップルの半分は男性に原因があるのだ。

背景にあるのは、結婚の晩婚化にあることをご存じだろうか?

男性も35歳を超えると緩やかに下降

「卵子と精子はどちらかの質が劣っていても、片側が補って受精にいたることができます。ところが晩婚化が進み、女性の妊娠年齢が上がるにつれて、求められる精子のレベルも上がっていくことにより、男性不妊も増加してきているのです」

そう語るのは男性不妊の第一人者として知られる、獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授の岡田弘医師だ。日本生殖医学会によると、30歳代の精子と50歳代の精子を比較したところ、精液量は3~22%、精子運動率は3~37%、精子正常形態率は4~18%低下すると報告されている。

次ページ精子の質が一番良い年齢とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT