30代後半で同僚と恋仲に!晩婚のリアル

大人の経済力を背景に「即断即決」

(イラスト:堀江篤史)

ものすごく久しぶりの恋愛をして、結婚!

「30歳を過ぎてから7年以上、男の人と付き合う機会がありませんでした。合コンの後、2人で飲みに行くことぐらいはありましたよ。でも、1回きりで終わってしまいます。

20代の頃みたいにかわいく飲めず、たいていは私が男の人に飲み勝っちゃう(笑)。それではモテませんよね。飲み友だちは増えていきますが、異性としての交流はなかったな。恋人がほしくないわけではなかったけれど、時間がなんとなく過ぎて35歳を超えていました」

ここは愛知県三河地方にある和食店の座敷席。県内の大手企業に勤めていて現在は育休中の新井直美さん(仮名、39歳)が話し始めた。膝の上には昨年に産まれた長男がおり、アブアブ言いながら筆者を不思議そうに見つめている。

一昨年の春、直美さんは「ものすごく久しぶり」の恋愛をし、子どもができたことをきっかけに結婚した。相手の昭男さん(仮名、43歳)は会社の先輩社員である。新入社員の頃からの知り合いだという直美さんと昭男さんが、どのような経緯で付き合うことになったのか。新鮮な刺身と赤だしの味噌汁を一緒にいただきながら話を聞くことにした。

次ページなぜ20代で結婚しなかった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。