贅沢は敵ではない!おカネを豊かに使うべし

嫁ぎ先が大金持ちで「玉の輿」に馴染めない

おカネは豊かに使ってこそ生きる(写真 : わたなべ りょう / PIXTA)

前回は 嘘まみれ・借金漬けの夫は「損切り」せよ

前々回は 離婚後も居座る「山師の夫」は、すぐ追い出せ

 

【読者からの相談】

私には同年(30代半ば)の夫と0歳の娘がいます。マンション住まいで徒歩5分の距離に夫の両親が住んでいます。何を贅沢な! と言われるかもしれませんが、私は俗に言う玉の輿に乗ってしまい、夫の実家との金銭感覚の違いに悩んでいます。

夫とは資格取得校で出会い結婚しました。結婚するまでは、まさかこんなにお金持ちだとは想像もしていませんでした。

たとえば今われわれ夫婦が住んでいるマンションは、もともと義理の両親が別荘のつもりで購入したけれど使わなかった億ションで、家賃無しで貸してもらっています。家具もすでに揃っていて、センスの良すぎるヨーロッパの高級家具ばかりで、結婚するときに持ってきたものや子供用のものと全くテイストが合いません。

私自身は田舎出身の庶民で、東京に出てきて仕事を始めてから倒産や給与カットなど不遇を重ね、社会人用のスクールの学費を、工面しながらなんとか通い資格を取得しました。そんな経歴のため、私の財布の紐は固いのです。

それで、いくら金銭的に余裕があるとはいえ、10万円以上もする高級服をポンっと買って普段着にしてしまう義母や、高級車を何台も買ってしまう義父の姿にはなかなか馴染めず、毎日優雅なランチをしている姿なんかを見ていると、あんたら仕事しろよと、少しうんざりするのです。とてもいい人たちで、孫のことも可愛がってくれるのですが。

東京の一等地で何不自由なく子育てができるのは大変有り難いことですが、一方で娘にハングリー精神や努力する癖が身につかないのではないか、と心配しております。こんな環境でどう子育てをしていけばよいか、アドバイスをお願いします。

まゆ(仮名)

次ページパンプキンからのコメント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。