三井化学、人材グローバル化戦略の凄味

海外の優秀人材を本社の経営層に登用

最初の2日間はグローバルマインドセット研修を受講し、その後の3カ月間は英語と中国語コースに分かれ、外国人教師が教える語学漬けの毎日が始まる。
 この研修への参加者は、職場推薦で選抜されることが多く、毎年50名弱が参加するが、本人の希望も認めている。この海外駐在員研修は、今年で3年目だが3カ月に集中するので育成効果は大きく、好評だ。

――日経新聞では「海外在住経験者」と書かれていますが、これが海外駐在員を意味しますか。

日経新聞の「海外在住経験者」は、弊社の海外駐在経験者に「海外実務派遣研修」の経験者を含めた表現だと思う。「海外実務派遣研修」はいわゆる海外トレーニー制度で、スタートしたのは2006年度。

海外現法に赴任して実務を通じた研修を受ける。年に10名程度が派遣され、期間は3カ月から2年で平均すると1年間だ。この海外実務派遣研修に選ばれた若手社員にも海外駐在向けの3カ月間の研修を受けさせている。

国内から海外に行くだけでなく、海外の現地法人から日本に来る研修もある。名称は同じ「海外実務派遣研修」だ。現地で雇用された人間が本社や国内の他の事業所で研修を受ける。人数はやはり10名ほどで、滞在期間は平均で1年間。テクニカルスタッフが多いが、最近はマーケティングや人事などアドミ部門の社員も受け入れている。

毎年日本から海外へ10名、海外から日本へ10名がトレーニーとして研修を受けるので、グループメンバー4名のうち1名は、実務研修業務に専任としてあたっている。

海外人事担当者との密接なコミュニケーション

――海外の現地法人との意思疎通が重要なのだと思いますが、その点はどのような施策を採っておられますか。

いくつかの会議体を運営している。最も大きなものは、地域統括会社HR会議で、シンガポール、中国、アメリカ、ヨーロッパ、インドの5地域のHRマネジャーが本社に集まって施策を練る。

リージョンごとの人事担当者会議もあり、アジア・パシフィック(シンガポール)と中国の会議には本社からも参加する。

次ページタレントマネジメントを実行
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT