三井化学、人材グローバル化戦略の凄味

海外の優秀人材を本社の経営層に登用

インド工科大学からの参加は2010年度からスタートし、化学専攻の大学3年生、MBA在籍生が対象だ。2012年度は6名が、工場(1名)・研究所(2名)・事業部(3名)で6週間のインターンシップに参加した。

シンガポール国立大学と南洋理工大学からのインターンシップは2010年度にスタートし、化学、化学工学専攻の大学3年生が対象だ。2012年度は3名が工場で10週間のインターンシップに参加した。

インターンシップには渡航費、滞在費、日当などがかかるが、すべて三井化学が負担している。このインターンシップへの参加者から2009年度以降で6名が入社している。グローバル人材の採用に効果があったと思う。

三井化学は、2011~13年度の中期経営計画で「経営のグローバル化」を掲げている

 海外からのインターンシップとは別に、シンガポール経済産業省(EDB)と相互人材育成プログラムで連携している。これはスカラーシッププログラムで、東京工業大学国際大学院プログラムに2年間派遣し、その間の学費と奨学金を三井化学が支給する。その後は最低3年間三井化学グループ内での勤務を義務付けている。

インターシッププログラムの参加者がスカラーシッププログラムへ応募するケースが多い。

海外駐在の前に3カ月間の語学漬け研修

――次に「若手社員の海外駐在」についてお聞かせください。

従来の海外駐在員の準備研修はシンプルなもので、赴任前に1日か2日間の研修を受けただけで送り出していた。後は現地スタッフと本人にまかせるというものだった。これを中期経営計画が始まった2011年度にあらため、期間を3カ月と長期化した本格的な研修にした。すぐに赴任する者だけでなく、1、2年のうちに赴任する予定の者、海外との接触が多い部署の者も参加する。

次ページ海外現法に赴任して研修を受ける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT