宇宙への夢を見失い、取り戻したMIT時代

理由もなく涙が流れ、「宇宙をやるんだ」と決めた

「情熱こそ人間のすべてである」

そうして、僕は夢と目標を取り戻した。目指す場所が見つかったことにより、日々の研究に情熱を注ぐ力が湧いてきた。僕は頑張った。このときの頑張りがなければ、その後に慶応やNASA JPLで仕事を取ることは到底不可能だっただろうし、MITの博士課程を卒業することすらできなかったかもしれない。

夢を持て、と人は言う。もちろん、夢なんて持たなくても生きることはできる。でもあのときの僕は活きていなかった。今は活きている。活きているという実感がある。そして僕が生きるのは、活きるためなのだ。

あのときに感じていた疑問-宇宙開発に大枚を投じることは正しいのか、という疑問に対して、今の僕は明瞭に肯定的な答えを与えることができる。長くなるのでそれを語るのは次回の記事にしよう。おそらくその答えは、すべての人を納得させるものではないだろう。幼い夢だと笑われるかもしれない。しょせんは宇宙開発なんて科学者と技術者の自己満足だ、と言われるかもしれない。

だが、今の僕は、人からどう思われようと、もう決してブレない自信がある。たとえそれを幼いと言われたって知ったことか。つまらない大人になるよりも、僕は一生、目を輝かせた子供のままでいたい。自己満足と人が笑おうと、それが何だ。たった一度きりの僕の人生だ。どうせ最後は死ぬのならば、自分の好きなことを徹底的にやって、心から満足して死んでやろうじゃないか。

「情熱こそ人間のすべてである」とはバルザックの言葉だ。映画監督の大島渚は、「人生というものは、どのくらい無我夢中の時間を過ごせるか、で決まる」と言った。僕はきっと、情熱を押し殺し、無我夢中になれない仕事をしたって、何も成すことのできない人間だ。何かに情熱を賭け、無我夢中になってこそ、はじめて活きられる人間なのだ。きっとこれは僕だけではあるまい。どんな人だって、あなただって、多かれ少なかれ、そうなのではなかろうか。

2つの夢

「夢は何か?」と聞かれたとき、今の僕は2つの答えを返す。大きい夢と、小さい夢だ。

大きいほうの夢は、宇宙開発の歴史にマサヒロ・オノの名を残すことだ。

そして小さいほうの夢。もしかしたら、こちらのほうが人生の充足という意味では重要なのかもしれない。それは、将来、自分の息子をワシントンDCのスミソニアン航空宇宙博物館に連れて行って、その展示物のひとつを指差し、「あれがお父さんの作った宇宙船なんだぞ」と、誇らしげに語ることである。

西の空に消えていったシャトルを追うように、東の空から朝日が昇ってきた

<セミナーのお知らせ>

当連載の筆者である小野雅裕氏のセミナーを、4月22日(月)の19時より六本木のアカデミーヒルズで開催いたします。ぜひ皆様、奮ってお申し込みください。詳細はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。