「親のカネ」を把握していない人に訪れる不幸 元気なうちにちゃんと話して決めておこう

拡大
縮小

また親本人も忘れがちなのが、若いころに契約した連帯保証です。それが、人生も終盤にさしかかった今になって連帯保証人として借金を請求されてしまうのです。連帯保証といえども立派な借金なので、返済できなければ、家を失う、破産するといったこともあります。

生前から、親の交友関係やいろいろな書類に目をとおし、連帯保証人になっていないか、可能なかぎり確認しておくことが重要です。また、すでに判断能力に問題があった場合に連帯保証人になったときは、契約を取り消せる可能性もあります。専門家に相談してみましょう。

最悪の場合、株主としての権利を失うことも…

⑤ 株券や貸金庫を見落とすな

最後に「株券」や「貸金庫」です。親が所有していることに気づかずに、見落としがちな資産です。

FX(外国為替)や株、投資信託などの有価証券は、つねに価格が変動していて、亡くなったあとに損を出している可能性もあります。上場株式の株券は2009年以降、電子化されており、株券そのものを所有している人は少なくなっています。今も株券そのものを所有している人は、証券会社などで、電子化の手続をおすすめします。電子化前の株式で、名義を書き換えていないと、最悪の場合、株主としての権利を失うこともあるからです。

そして見落としやすいのが非上場株。親族や友人が経営する会社の株を保有している場合は、取引している証券会社などの残高明細にも載ってこないため、把握しにくいので注意しましょう。

受け継ぐ意思がないなら、負の遺産とならないように、親が元気なうちに、株は現金化するのがよいですね。そのまま引き継ぐ場合は、早めに確認しましょう。

『親とさよならする前に~親が生きているうちに話しておきたい64のこと』(サンクチュアリ出版)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

貸金庫には、証書、戸籍謄本、土地の権利書、宝石などが入っているケースが多いですが、なかにはお葬式や遺言に関する書類が保管されていることもあります。お葬式の希望について書かれた書類は、葬儀後に発見されても意味がありません。

遺言書も相続が執行されたあとに発見されても、手遅れ。存在に気づかず、親の最後の希望をかなえてあげられないなんて、とても悲しいことです。このように貸金庫の中には予想もしていなかった書類や財産が残されているかもしれないので、あらかじめ存在の有無を確認しておきましょう。

「親とおカネの話をするのは、何だか気が重くて……」と言う人がいますが、話さなかったことで損したり、苦労したりするほうが、よっぽど大変です。おカネは生きることを支える手段。人生のすべてではありませんが、親とおカネについて話しておくことは非常に大事なことです。

清水 晶子 日本クオリティ オブ ライフ協会代表理事

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

しみず あきこ / Akiko Shimizu

神奈川県生まれ。一般社団法人日本クオリティ オブ ライフ協会代表理事。
葬儀社の役員として、15年以上にわたり年間1000件を超える葬儀供養などの相談に携わり、人生の終末期における生活者の悩みに真摯に向き合う。さらに自身の祖母の介護・成年後見を経験したことにより、終活の必要性・重要性を生活者・事業者に伝えることが使命と考え、一般社団法人日本クオリティ オブ ライフ協会を設立。長寿社会において、最後まで尊厳を保ち、だれもが人生に幸福を見出せる社会の醸成に努める。全国各地で、終活、生前整理に関するセミナーや高齢者ヨガのクラスを開催し、人気を博している。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT