なぜ中国の一流大学は「広告学」を教えるのか

ランウェーに咲く未来のスーパーモデル

日本の製品は、高い品質を誇りながら、中国マーケットにうまく食い込めていない。その最大の理由は、ブランド戦略の甘さにある。このコラムでは、北京電通に7年駐在し、グローバル企業のブランド戦略のコンサルティングを手掛ける著者が、中国人の心をつかむためのブランド創りを解説。ビジネスの現場で起きている事実をベースに、実践的なブランド戦略を発信する。
北京服装学院の卒業ファッションショーの様子。プロに匹敵するクオリティーの高さを誇る

プロも顔負けの学生のファッションショー

3月15日、北京服装学院(Beijing Institute of Fashion Technology)の卒業作品発表イベントに招かれて行ってきました。学生たちの手になるショーは想像以上の出来栄えでした。デザイン専攻の学生が製作した服をファッションモデル専攻の学生が着こなして、コミュニケーション専攻の学生の演出により、学内の専用ホールの本格的ランウェイで展開される、プロも顔負けのショーでした(詳細はこちら)。

オープニングに登場するのはモノトーンのモードファッションに身を固め、高いヒールを履いてさっそうと歩を進める身長180㎝級の女子学生たち。ランウェイのサイドで後輩たちが応援しているのが学校らしい風景です。続いて登場の男子学生たちはステージ上で照れ笑いを浮かべていてやや「いけてない」感じです。

ポップなミニドレスをまとったモデルが軽やかなウォーキングを披露すると、合間にコミカルに登場したのが「アラレちゃん」(中国語では「阿拉蕾」)に扮した3人のモデルたち。これには苦笑させられましたが、勇ましく反日を叫ぶ中国の人々も、クレヨンしんちゃん(蜡笔小新)やドラえもん(多拉A梦)などのアニメキャラはすんなり受け入れています。ショーのフィナーレは40人のモデルが勢ぞろいして、北京市教育委員会の幹部をはじめとする来賓や教授、学生たちの大喝采を浴びました。

この学校は1959年開校で、現在は北京市の管轄下にあります。正確には「全日制普通高等学校」というカテゴリーに属しますが、高等教育機関という意味では実質的に大学と同格です。ちなみに、中国の高等教育機関には清華大学や北京大学などの4年制「本科大学」と3年制の「専科大学」があり、総数は2010年の統計で2358校です。さらに、職業学院と呼ばれる専門学校が含まれます。

北京服装学院は北京市内の北三環路、日中友好病院に隣接する一等地にキャンパスを構える在校生約7000名、教職員約800名という立派な学校で、コシノヒロコさんが名誉教授に名を連ねています。規模の大きさ、充実した設備と学生たちが発揮する実力の確かさは、ファッション産業振興を国策として、政府が直接学校の管理と支援を行っているからにほかなりません。

次ページ職業教育に特化したエリート校
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT