原発再稼働でも、関連メーカーへの恩恵は先

稼働早い加圧水型向けシフトの動きも

原子力規制委員会が、原子力発電所の新しい安全基準を7月に導入することにより、原発再稼動に向けた動きが目立ってきた。

新基準では、原発再稼働の条件として、津波を防ぐ防潮堤の建設や、敷地直下の詳しい地盤調査のほか、重大事故に備えた原子炉設備のさまざまな安全対策が求められる。ただ、そうした新基準による審査に適合した原発については、今秋以降、順次再稼働させる意向を、安倍政権は示している。

再稼動に向けバルブメーカーも動き出す

すでに、早期再稼働の候補として、いくつかの原発の名前も挙がり始めている。部品など関連メーカーの動きも慌ただしくなってきた。

北九州市に本社を置く電力会社向けバルブのトップメーカー、岡野バルブ製造もその1社。

同社はバルブの製造・納入に加え、原発などの定期検査に伴うメンテナンスも手掛ける(写真は同社の出荷前バルブ製品)。バルブとメンテナンスの売り上げはほぼ半分ずつ。

次ページ得意の沸騰水型炉は再稼動に時間
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT