原発再稼働でも、関連メーカーへの恩恵は先

稼働早い加圧水型向けシフトの動きも

原子力規制委員会が、原子力発電所の新しい安全基準を7月に導入することにより、原発再稼動に向けた動きが目立ってきた。

新基準では、原発再稼働の条件として、津波を防ぐ防潮堤の建設や、敷地直下の詳しい地盤調査のほか、重大事故に備えた原子炉設備のさまざまな安全対策が求められる。ただ、そうした新基準による審査に適合した原発については、今秋以降、順次再稼働させる意向を、安倍政権は示している。

再稼動に向けバルブメーカーも動き出す

すでに、早期再稼働の候補として、いくつかの原発の名前も挙がり始めている。部品など関連メーカーの動きも慌ただしくなってきた。

北九州市に本社を置く電力会社向けバルブのトップメーカー、岡野バルブ製造もその1社。

同社はバルブの製造・納入に加え、原発などの定期検査に伴うメンテナンスも手掛ける(写真は同社の出荷前バルブ製品)。バルブとメンテナンスの売り上げはほぼ半分ずつ。

次ページ得意の沸騰水型炉は再稼動に時間
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT