原発再稼働でも、関連メーカーへの恩恵は先

稼働早い加圧水型向けシフトの動きも

岡野バルブ製造の収益柱となっているのは、メンテナンス事業だ。福島第一原発の事故が起こるまで、定期的に入ってくる原発メンテ収入に支えられ、同社の業績は非常に安定し、かつ高収益を誇ってきた。

電力向けバルブには、火力発電所向けと原子力発電所向けがある。ところが、福島第一原発の事故以降、ほぼ半分を占める原発向け需要が、メンテナンスも含めて消滅状態となり、岡野バルブの業績も直撃を受けてしまった。

事故前の2010年11月期に126億円あった売上高は、12年11月期には83億円まで減少。営業利益に至っては、16億円弱から3億円まで激減した。

今13年11月期は、赤字転落の可能性もある。岡野バルブ製造にとって、安倍政権が目指す原発再稼働が実現するかどうかは、会社の存亡を左右するほどの大きな影響を持つのだ。

得意の沸騰水型炉は再稼働に要時間

とはいえ、原発再稼働が実現したとしても、同社の業績に本格的に貢献するまでには、相当長い年月がかかりそうだ。

日本の原発は、原子炉の型が2つに分かれる。1つは北海道、関西、四国、九州の各電力会社のPWR(加圧水型)。もう1つは東北、東京、中部、北陸、中国、日本原電の各電力会社のBWR(沸騰水型)だ。

次ページ再稼動早そうな加圧水型にシフト
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。