新型AppleWatchの進化は想像を超えていた

「Suica」と「ポケモンGO」だけではない!

Apple Watch Series 2のスペースグレイアルミニウムケース42ミリを使ってみた(著者撮影)

アップルは9月7日に開催した新製品発表イベントで、iPhone 7シリーズとともに、第2世代となるApple Watch、「Apple Watch Series 2」を発表した。9月9日から予約が始まっており、iPhone 7と同じ9月16日に発売となる。

これまで存在した、アルミニウムの「Apple Watch Sport」とステンレスの「Apple Watch」はApple Watch Series 2に統合され、42ミリ、38ミリの2サイズと、アルミニウム4色、ステンレススチール2色の展開となった。なお、Apple Watch Sportは「Apple Watch Series 1」として、低価格で利用できるApple Watchとしてラインナップに残る。さらに、「Apple Watch Edition」は18金ゴールドモデルに変わって非金属のセラミックケースが登場した。

今回は、Apple Watch Series 2のスペースグレイアルミニウムケース、 42ミリをレビューした。Apple Watchの弱点にていねいに対処しながら、日本のユーザーにとっては魅力的な提案を行っている。本稿では、Apple Watchを利用してきた経験を踏まえ、4つの新たな魅力について指摘する。

デザインは変わらず、厚く重くなった

デザインは変わらず、厚く、重くなった「Apple Watch Series2」

Apple Watch Series 2は、デザインには大きな変更はない。そのため、すでに持っているApple Watch向けのバンドをそのまま利用することができる。デザインに変更はないが、厚みと重量が増している。アルミニウムの38ミリモデルは0.9ミリ厚く、3.2グラム増え、アルミニウムの42ミリモデルは0.9ミリ厚く、4.2グラム増えた。

Apple Watch Series 1のアルミニウムケース42ミリと比較すると、わずか4.2グラムとはいえ、手首に装着するものであることから、その重量差を非常に大きく感じることになった。もちろん60グラムのステンレススチールモデルよりは軽いが、アルミニウムケースの軽快さを気に入っていた人にとっては、気になる変更と言える。

次ページなぜ重くなったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT