中国の若者が普通の「日本料理」に夢中なワケ

グルメドラマ・映画の影響力は想像以上だ

それに対し、中国のドラマでは、家庭のキッチンなのにピカピカな調理器具ばかり、給料が安い新入社員なのに、広い部屋に住んで高級ブランドを使う。あるいは区別もできないほど、全員同じようなきれいな顔をしている。つまり、リアル感が足りないのだ。いくら美味しそうな料理が登場しても、自分の生活から離れている「架空」の話なので、なかなか感動できない。日本の料理ドラマは、異国であってもリアル感と親近感を感じる。ドラマの中の食堂で起こったことを登場した料理に重ね、印象が深まり、興味や関心を抱くようになる。

そして、簡単な料理でも工夫を加え、食べる人の思いを考え、丁寧に作る料理人も新鮮である。中国では、料理人というと毎日油と煙の厨房に居て、汚いエプロンを着て、腹が出ている「怖い」おじさんのイメージが強い。お客さんと接触もしない。客側も「まずい」と言ったら怒られるので、我慢しないといけないと思われている。

これは、中華料理に炒め物が多く、オープンキッチンやカウンターもないので、お客との距離があるからである。したがって、料理人はあくまでブルーカラーの職業。料理するという仕事の「匠精神」は、日本のドラマで初めて知ったといっても過言ではない。

居酒屋での食事は日本で欠かせない体験

古くてもアットホームな場所で、清潔感のある料理人が目の前にいる。おしゃべりしたり、玉子焼きやサンドイッチのようなシンプルなメニューでも工夫をして作ってくれることは、今までにない食体験となる。そして、一人でも座って平気で食べられるし(中国では一人で食べるのは珍しい!)、むしろそれは自分に向き合う体験にすらなる。

料理を作ることに「丁寧さ」「職人感」を加えると、食事というのも、単なる空腹を満たすことでも見栄を張ることでもなく、丁寧な料理や料理人との「対話」になる。この「対話」を通して、お腹だけでなくココロまで満足する。そう考えると、ドラマで見るだけでは飽き足りなくなり、自分も日本に行って体験したくなるのは自然であろう。

中国の若者は、親世代のように、大勢の人とわいわい言いながら、高い食材を使った見栄を張った料理を食べるのがよし、という考えをしなくなった。もっと自分重視、もっと普通の食事を楽しみたい、もっと丁寧に暮らしたい、もっと自分の食べたいものを食べたい……。少しずつ、日本の若者に近づいているのではないかと思う。彼らは中国でも日本料理を好むし、日本に行くチャンスがあったら、欠かせない体験として居酒屋に行き、ドラマの物語と重なるバターライスを食べることになるであろう。

次ページSNSは「顔値」で勝負
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT