空前の焼肉バブル!「大阪の肉」が人気のワケ

外国人観光客はなぜ「ミナミ」を目指すのか

なぜ大阪ミナミの焼肉店に外国人観光客が魅了されるのか?(写真は神戸牛)

「食いだおれの街」、「天下の台所」などの呼称を持ち、その伝統を活かし豊かな食文化を育んできた大阪。お好み焼き、たこ焼き、串かつなどの粉物に加え、てっちり、割烹など大阪をイメージさせる飲食業態は少なくないのではないだろうか。

実は今、訪日外国人客の中で、大阪の新たな定番グルメとして認知されつつある業態がある。それが、ミナミの焼肉だ。

筆者は香港・台湾・中国を訪れた際、日本流の焼肉店の多さと牛肉人気の浸透度に驚いたことがある。「牛角」などの大手チェーンから、中国資本の格安店まで、数多の焼肉店がしのぎを削っていた。現地に住む知人は、「日本の焼肉はクオリティが高く、独自のタレ文化がある。値段も日本で食べるほうが1.4~2倍程はリーズナブル。服に匂いがつきにくい『無煙ロースター』の存在も大きいと思う」と分析していた。

それにしてもなぜ現在のミナミの焼肉業態が他のジャンルを差し置いて人気を集めているのか?取材を通して「価格」「歴史」「受け入れ体制」とさまざまな要素が絡みあう、リアルな現状が見えてきた。

売り上げ20%増がミナミでは当たり前

では、どれほどミナミの焼肉業態は好調なのか?飲食関係のメディアを手掛ける媒体各社のミナミ地域担当者の話が興味深い。

「現在、ミナミの”牛肉需要”は目を見張るものがあります。エリア全体で見ると、他の業態の場合、前年比80%~90%程度の売り上げで推移する店や、賃料の値上がりもあり撤退する店も目立ちます。そんな中、焼肉に関しては前年比120%以上を叩き出す店舗が多い。その人気ぶりは他の業種にも影響を与えるほどです。具体的には居酒屋でも肉メニューを積極的に取り入れていますし、バル業態でも肉を使った料理が増えていますね」(ホットペッパーグルメ・ミナミエリア担当)

次ページ「日本流焼肉」発祥の地はミナミ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT