空前の焼肉バブル!「大阪の肉」が人気のワケ

外国人観光客はなぜ「ミナミ」を目指すのか

同社は、なんばで100席を超える大型店2店舗を運営していたが、既存店だけでは増え続ける旅行客に対応しきれなかった。そこで、昨年9月に外国人集客に特化した「道頓堀御堂筋店」をオープンさせた。

空前の焼肉バブルは定着するか

各種言語に対応したメニュー作成、中国語対応が可能なスタッフの積極採用、旅行客に特化した予約専用のスタッフまで在中させるという徹底ぶりで、受け入れ体制を強化している。

「あぶりや」の道頓堀御堂橋筋店 (写真提供:ワン・ダイニング)

「あぶりや」のミナミエリアの3店舗は、売り上げ全体の2~3割程度は外国人客が占めるという。しかし、他エリアと比較してもミナミの売り上げの伸び率は大きいこともあり、更なる売り上げ増を見越している。

「直近1、2年の間で台湾・香港からの『個人旅行客』のお客様が急増しました。ただ、弊社としては、現在の外国人客の売り上げはまだまだ改善の余地があるとみています。新店舗の下には、ドン・キホーテさんがあるのですが、ドンキさんと比較するとまだまだ足りないというのが正直なところです。今後も、インバウンドの売り上げは更に伸びていくと考えています」(ワン・ダイニング・広報担当)

今回紹介した店舗の他にも話を聞いたが、業績を順調に伸ばしているという意見が大半だった。その大きな要因となっているのが、外国人客の存在だ。

ただ、一方では肉需要が増えたことによる仕入れ価格の高騰に頭を悩ませている点は共通していた。特にブランド牛は、海外への輸出が増えていることもあり、2~3割ほど原価が高騰しているという。「それでも現在の状況が続くなら、全然プラスですね。今はまさに空前の焼肉バブル。あとはこの状況をどう根付かせるかです」という声も聞こえてきた。

「インバウンド特需」から、「文化の定着」へ。訪日観光客にとって、ミナミの定番食として焼肉が認識される日は、そう遠い未来ではないのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT