空前の焼肉バブル!「大阪の肉」が人気のワケ

外国人観光客はなぜ「ミナミ」を目指すのか

同社は、なんばで100席を超える大型店2店舗を運営していたが、既存店だけでは増え続ける旅行客に対応しきれなかった。そこで、昨年9月に外国人集客に特化した「道頓堀御堂筋店」をオープンさせた。

空前の焼肉バブルは定着するか

各種言語に対応したメニュー作成、中国語対応が可能なスタッフの積極採用、旅行客に特化した予約専用のスタッフまで在中させるという徹底ぶりで、受け入れ体制を強化している。

「あぶりや」の道頓堀御堂橋筋店 (写真提供:ワン・ダイニング)

「あぶりや」のミナミエリアの3店舗は、売り上げ全体の2~3割程度は外国人客が占めるという。しかし、他エリアと比較してもミナミの売り上げの伸び率は大きいこともあり、更なる売り上げ増を見越している。

「直近1、2年の間で台湾・香港からの『個人旅行客』のお客様が急増しました。ただ、弊社としては、現在の外国人客の売り上げはまだまだ改善の余地があるとみています。新店舗の下には、ドン・キホーテさんがあるのですが、ドンキさんと比較するとまだまだ足りないというのが正直なところです。今後も、インバウンドの売り上げは更に伸びていくと考えています」(ワン・ダイニング・広報担当)

今回紹介した店舗の他にも話を聞いたが、業績を順調に伸ばしているという意見が大半だった。その大きな要因となっているのが、外国人客の存在だ。

ただ、一方では肉需要が増えたことによる仕入れ価格の高騰に頭を悩ませている点は共通していた。特にブランド牛は、海外への輸出が増えていることもあり、2~3割ほど原価が高騰しているという。「それでも現在の状況が続くなら、全然プラスですね。今はまさに空前の焼肉バブル。あとはこの状況をどう根付かせるかです」という声も聞こえてきた。

「インバウンド特需」から、「文化の定着」へ。訪日観光客にとって、ミナミの定番食として焼肉が認識される日は、そう遠い未来ではないのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。