「いきなり!ステーキ」は深夜も非常識だった

深夜であっても高回転が続く理由

深夜のシメは、ステーキ!

立ったままステーキにかぶりつく、ワイルドな食事スタイルが売りの「いきなりステーキ」は、成長著しいステーキチェーン店だ。この4月に発表された第1四半期(1月1日〜3月31日)の同事業部門売り上げは、13億8000万円(前年同月比912%増)。国内での出店も加速化しており、4月22日にオープンした沖縄ライカム店は、41日連続で売り上げ100万円超が続いている。ニューヨークへの出店計画も着々と進む。

その勢いにのり、運営会社のペッパーフードサービスでは現在さまざまな新しいサービスを模索している。そのひとつが、5月18日に開始した六本木店での深夜営業だ。これまでは午後11時までだったが、午前4時までと営業時間を延長した。

六本木と言えば、深夜も賑わう街として知られる。しかし、真夜中のステーキ、果たしてニーズはあるのだろうか。

深夜営業への要望が多かった

「もちろんです。もともと、お客様の要望が多かったことから始めたサービスです。深夜でも皆さん、300グラム以上の肉を召し上がりますよ」(ペッパーフードサービス営業企画本部の川野秀樹さん)。

利用客は、芸能人、テレビ局に勤務する人、外国人など、いかにも六本木らしい顔ぶれ。そのためだろうか、六本木店の深夜時間帯は、他店に比べ客単価が高いという特徴がある。

「いきなりステーキ」でもっとも人気があるのがグラムあたり6円のリブロースステーキ。同チェーンのお客は、「とにかく、肉を思いっきり食べたい」とはっきりと目的を持って足を運ぶことが多い。そのため、300グラムで1800円という手頃な値段の肉を選ぶ率が高いのだ。

ところが六本木店では、岩手キロサ牧場牛サーロインステーキ(1グラム13円)、豪州産鳴尾ブランド牛リブロース(1グラム7円)などがとくによく注文されるという。前者は六本木のほかには、銀座6丁目店の2店舗のみ、後者は六本木を含め6店舗のみと、店舗を限って販売されている、同チェーンでもレベルの高い肉だ。六本木店でこのような肉がよく売れるのも「やはり、値段にこだわらない、というお客様も多い」(川野さん)からだ。

次ページ六本木といえば?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT