松下幸之助は「ひとつの夢を持つこと」を説いた

問わず語りに語った経営、そして人生

わしはな、いま86歳やけど、160歳まで生きようと思っとるんや。実際に生きられるかどうかわからんけど、まあ、夢やな。夢ではあるが、それをもって、これから生きていこうと。

80歳の時やったかなあ。誕生日のお祝いに書を貰ったんやけどな、その熨斗(のし)に半寿と書いてあるんや。80で半分なら、きみ、全寿といえば160歳になるやないか。それで160まで生きようと。ハハハ。生きられたらいいという夢やけど、きっと生きようと今心のなかで誓っておるんや。だいたい人間は、ひとつの夢を持って、求めて生きていくことが大事だと思うな。

方針を明確に打ち出す

わしは今まで長い間、経営というものに携わってきたけど、方針というものをいつも明確にしてきたな。こういう考え方で経営をやるんだ、こういう具体的な目標を持って経営を進めるんだ、こういう夢を持っていこうやないか、とつねに従業員の人たちに話し続けてきたんや。

どうしてこういうように方針を出してきたかというと、人は誰でもそうやけど、自分が一生懸命努力して、これならいい結果を出したと思って、それで上の人に報告したら、そんな結果は期待しておらんかった、そう言われるぐらい辛いものはないわなあ。ましてや叱られ文句を言われたらもう泣きたくなるわな。それはどちらがアカンかというと、上の人やな。上司というか責任者やな、その人がはっきりと方針を出しておらんから、そういうことになるんやな。

方針によって従業員は自分の努力の方向を知るんや。こういう考え方でやらんといかんのやな、こういう目標に取り組まんといかんな、とかわかるわな。それだけではなく、夢というか理想というかそれがはっきりしておれば、自分の努力が結局どこにつながるのかよくわかるわけやな。そうすれば従業員は一生懸命努力して、たいていは期待どおりの結果を出してくれる。そういうもんや。基本理念や具体的目標、それに理想という3つの内容を持った、そういう方針というものを出さん指導者は失格だということにになるわな。

それにそういう方針を明確にしておくと、経営者自身も自分の判断や行動の物差しができるから、力強い動きができる。経営をしておると、いつもいつも迷うことが多いわね。右にしたらいいのか、左にしたらいいのか、わからんと。はっきりと見分けられるものならいいけど、そういうものは案外少ない。どうしようかと迷う。そんなときにこの方針に照らして、右に進んだらいいのか、左に進んだらいいのか考える。そうすると、たいていはどうしたらいいのかわかるわけや。

その方針がしっかりとしていると、そして経営者がいつも必ずその方針を守ると、経営者の行動に非常に力強いものが出てくる。そういう経営者は従業員からも、なかなかしっかりした、一本筋の通った人やなあということで、尊敬もされるわな。頼りになる人や、こんな人に経営を任せておけば大丈夫だと、そういうことになる。給料も間違いなく貰えるということになるやろ。

お客さんも取引先も、そういう方針があればその会社がどんな考え方か、どういうところを目指しているかわかるからな。ああいう考え方ならば、その会社の製品を買ってあげよう、それならばその会社と一緒に仕事をしてもいいということにもなるな。方針が明確にあるということは、言わば会社の信頼にもなる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。