松下幸之助は「人間は王者」と繰り返し説いた

宇宙のなかで人間が一番偉大である

人間を偉大だと考えることと、小さな存在だと考えることと、どちらが幸福な結末をもたらすであろうか

「人間は偉大な存在やな。いわばこの宇宙においては王者やな。こう言うと、それは不遜や、傲慢やと、そう言う人も多いと思うけど、しかし、わしは理屈はようわからんけど、現実の姿を見れば、明らかにそういうことが言えるんと違うか。この宇宙のなかで人間が一番偉大であると」

一人ひとりが自覚を持てば

この連載の一覧はこちら

人間を殺せば罪になるが、犬を交通事故でひいたとしても、罪になるわけではない。人間のために木を植え、その木を伐っても別に罰せられないのはなぜか。犬や猫、木の立場からすれば、それはけしからんということになる。ならば犬や猫から罰せられるかといえば、そういうことはない。

人間は牛を食べたり、ぶたを食べたりする。生命が生命を食べて生命が存続する。その順ぐりが人間のところでぷつりと途絶えるのである。どうしてそういうことが許されているのか。

人間がこの宇宙のなかで王者として存在し、君臨しているからではないのか。いわばこの宇宙に存在するすべてのものは、人間の平和、幸福、繁栄を実現するために存在していると考えられないか。

「理屈ではなく、静かに実際の現象を、素直に見て考えれば、そういう結論になるやろ。そうやない、人間もほかの存在と同じやと。ほかの動物や植物と変わりはないと、そう考えておる人が多いと思う。けど、そういうことなら人間は他の動物を殺しても罪にならんのやから、人間を殺してもけしからんということにはならんがな。人と人が殺しあってもいいということになるわな。そやろ。しかし、実際はそうではないわな。それはちゃんと人間がいちばん偉大な存在だということを認識しておるわけや」

次ページ人間はとてつもない力を持っていると思えば
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。