安倍・プーチン会談は千載一遇のチャンスだ

日ロの経済協力と四島一括返還への道筋

安倍晋三首相(左)はロシアのウラジオストクを訪れ、プーチン・ロシア大統領(右)と首脳会談を行った。写真は2日、ウラジオストクで撮影(2016年 ロイター/Sputnik/Alexei Druzhinin/via REUTERS)

9月2~3日、ロシア政府が主催する東方経済フォーラムがウラジオストクの極東連邦大学で開催された。2日には安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の首脳会談が行われ、プーチン大統領が12月15日に訪日し首脳会談を行うことが決まった。

そこで今回は、日ロ間でどのような協力関係がありうるのかを深掘りしたい。私自身は26年間ロシア貿易に従事し、訪問回数は60回を超えているが、その道のりは困難の連続であった。最近はロシア貿易やロシアへの投融資に興味をもっている企業が増加しているようだが、ロシア取引の要諦は「焦らず、慌てず、諦めず」。日本人のロシアに対する偏見や思い込みも、日ロ経済関係を阻害してきたとの印象もある。

企業誘致に本腰を入れ始めたロシア政府

この連載の記事はこちら

私は8月中旬にウラジオストクを訪問した。その目的は、極東沿海州におけるレアメタル資源開発、金属スクラップ産業、電池産業分野での投融資条件の確認と協力関係の打ち合わせである。経済フォーラムは「お祭り」的な要素が強くゆっくり議論することが難しいし、ロシア側の優先順位は極東地域の物流インフラなので、鉱物資源や漁業、林業、エネルギーについて後回しになってしまう。そんな懸念もあったので、あらかじめ打ち合わせしておかないと、経済フォーラムでの話し合いが雑駁なものになると考えたのである。

ロシア極東発展省によると、ロシア政府は極東ロシアへの進出企業のインセンティブとして、以下の優遇策を提示してきた。

・最初5年間については所得税ゼロ、次の5年間は所得税を5%とする
・通常は32%である企業税を新規進出企業については7.6%とする
・投資金額が500万ルーブル(約7万6000米ドル)以上の進出企業には土地を安く貸し付けると同時に、工場建設に必要な産業インフラはロシア政府が用意する
・ウラジオストクの自由港に2017年末に保税工場を許可する
次ページ極東を重視せざるをえない台所事情
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。