55歳元金融屋が貧困生活に転落した深刻理由

貯金ゼロ、年収は800万円から280万円に

警備とコンビニのバイトを掛け持ちするリョウタさん(55歳、仮名)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

 

この連載の一覧はこちら

午後10時すぎ、東京23区内のコンビニエンスストア。アルバイトを終えたリョウタさん(55歳、仮名)が大きな黒いビニール袋を提げて出てきた。ずっしりと重い袋の中には、消費期限が迫った弁当やおにぎり、巻きずし、サンドイッチ、シュークリームなど――。

「店長がいい人で。本当はダメなんですけど、毎回持ち帰らせてくれるんです。賄い飯みたいなもの。これのおかげでなんとか食いつないでいます」

そう言って笑うリョウタさんの顔色は悪く、目の周りが黒ずんでいる。夜間警備の仕事が明けた後、そのままコンビニ勤務に入ったことによる寝不足のせいなのか。それとも、ダブルワークを始めてから急激に悪化したという糖尿病のせいなのか。不規則なシフトのため、日中まるまる休めるのは月に1回ほど、1日の睡眠時間は3~4時間のこともあるという。

ノルマ、ノルマ、ノルマ

転職回数が片手では足りないというリョウタさんに、これまでに就いた仕事について尋ねると、こう切り出した。

「ノルマ、ノルマ、ノルマ――」

どこの職場でも無理なノルマをこなそうとして体調を壊したり、解雇されたりの繰り返し。50歳を過ぎて行き着いたのが、夜間警備とコンビニのアルバイトの掛け持ちだという。

次ページ壮絶なノルマの内容とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。