統治の根幹をどう作る?選挙改革の"選択肢"

勝者総取りの「多数制」、小党分立の「比例制」

多数決型と合意型、二つの民主主義

36の民主主義国家における様々な政治制度を実証的に分析し、多数決型民主主義と合意型民主主義という二つの類型を見出している。
A.レイプハルト・著 『民主主義対民主主義』 (2005年、勁草書房)

もちろん、多数決型・合意型それぞれに分類される諸国が、該当する特徴を全て有するわけではない。大まかな共通点が存在するということにとどまるが、民主主義の特徴を理解するには極めて有用だ。

このような分類に当てはめると、1990年代以前の日本は合意型の特徴を数多く持っていた。中選挙区制の選挙制度が分立的な政党システムを生み出し、自民党の弱い内閣と派閥均衡の国会による統治が、政府レベルの特徴としてあったのだ。

それが90年代のさまざまな改革で、小選挙区制の導入とともに、内閣への権限集中が進むなど、政府レベルでは多数決型への移行が進んだ。強いリーダーシップを発揮した小泉政権は、まさにその成果と言える。

しかし同時に、政府の外ではむしろ権力の分立が進んでいる。第二院である参議院は存在感を増し、地方分権改革や中央銀行の独立性が強調される。さらに裁判所の違憲審査への要請もある。どちらかが常に優れているわけではないが、多数決型の権力集中を進める一方で、合意型の権力分立を強調すれば、両者のメリットを損ねることになりかねない。

選挙制度改革は、どのような統治機構のあり方が望ましいかを考えることとも密接に関連する。このさい比例制を導入し、権力分立を重視した統治機構を実現するのは、一つの選択肢だろう。

逆に、権力集中を意味する多数制を明示的に選びなおすとすれば、政府の外での権力分立を見直す契機としてもよいのではないだろうか。

 

【初出:2013.3.2「週刊東洋経済(2030年あなたの仕事がなくなる)」

 

(担当者通信欄)

ここのところ、「選挙制度改革」に関するニュースをしばしば目にし、耳にします。日本の衆院選では小選挙区と比例代表部分から成る選挙制度が採用されていますが、今回自民党から、比例代表部分を減らした上で、第2位以下の政党に優先的に配分する枠を設けるという提案がありました。

記事からわかるように、小選挙区制(多数制)と比例代表制は、それぞれ異なる型の民主主義に結びつくものです。 と、それを踏まえれば、異なるものの組み合わせ、ただでさえ複雑な「混合制度」をさらに改革することが、いかに難しいかも窺えます。↓の最新記事で考えるのが、まさにその「混合制度」の意味。ぜひあわせて読んでみてください。

砂原庸介先生の「政治は嫌いと言う前に」最新回は2013年3月25日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、最新スマホ活用術)」に掲載です!
【いいとこ取りのはずだった、混合制度の意図せざる効果】
小選挙区と比例に重複立候補できる
日本の衆院選、改革案はでてきているけれど、そもそも「混合制度」の選挙制度に、"いいとこ取り"は可能なのか?"悪いとこ取り"のおそれは?

  

売れ行き好調、 砂原先生の最新著作! 『大阪―大都市は国家を超えるか』(中公新書) 橋下改革の最前線にある大阪市立大学から、地方自治の専門家として国家と対峙する大都市「大阪」の来歴と今後を議論します!

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT