統治の根幹をどう作る?選挙改革の"選択肢"

勝者総取りの「多数制」、小党分立の「比例制」

権力の望ましいあり方、集中させるか分立か?

多数制か比例制か、という選挙制度をめぐる問題は、政府全体の統治機構のあり方とも関わってくる。どのように代表を選ぶかという問題は、統治の根幹に関わるからだ。

政治学者のアレンド・レイプハルトは、議会制民主主義を採用する諸国の比較分析から、多数決型民主主義合意型民主主義という類型を見出した。

前者の「多数決型民主主義」は有権者の多数派の利益に従う政治を、後者の「合意型民主主義」はできるだけ多くの有権者の意図に沿う、つまり多数派の範囲を拡大することを強調する。選挙制度は、このような民主主義の類型の基礎となるのだ。

レイプハルトが整理した両者の特徴は、下の表に掲げてあるとおりだ。重要なのは、権力の集中あるいは分立をどう考えるかという点である。

 

多数決型の特徴は、政府与党・内閣への権力集中にある。議会で圧倒的多数を制していなくても、相対多数でさえあれば、強大な権限を付与される。そして、議会と行政をめぐる関係や、広く見れば司法や中央銀行との関係なども、内閣への権力集中を助けるしくみとなることが多い。

合意型では、権力分立が志向される。比例制が生み出す、多くの政党により構成された連立政権は、過半数を大きく超える「大連立」として形成されることが多い。また、二院制や中央から独立した地方政府、強い裁判所など、権力分立を支える諸々の制度が合意型民主主義を補完する。

次ページ日本の場合を考えると?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT