昭和史から問う「二大政党制は終わったのか」

いまこそ甦らせたい戦前、普通選挙時代の夢と教訓

もはや熱気なき、「政権再交代」の後だからこそ

著者:與那覇潤(歴史学者、愛知県立大学准教授) 撮影:今井康一

結果は劇的だが、感動はむしろ冷めている――こんな選挙も珍しいのかもしれない。

昨年末の衆議院総選挙、自民党は公明党と合わせて325議席の圧勝で「政権再交代」を果たした。

一方で多くの政治学者が指摘するように、比例区での自民党の得票数は、惨敗して民主党に政権を譲った2009年よりも少ない(得票率でも27%)。積極的に自民党政権が望まれたわけではなく、首相に返り咲いた安倍晋三総裁の言行も、その自覚ゆえか、かつての組閣時に比べるとだいぶ控えめである。

この熱気なき大勝利を自民党にもたらしたのは、ひとえに民主党政権の失速だった。前回は民主党に投じた無党派層が棄権した上(全体の投票率は10ポイント減)、新党の乱立で非自民票が分裂した結果、得票数1位でないと当選できない小選挙区を自民党が席巻した形である。

第二党に転落した民主党と、第三党に躍進した日本維新の会はともに50議席台で、その差はわずか3議席。もはや二大政党時代は終わった、との声さえ聞こえ始めている。

次ページ日本の二大政党制は2度死ぬ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。