日銀・黒田新総裁の行動を、ズバリ予測しよう

意見は聞くが、安倍首相や財務省にも従わない?

中曽・岩田副総裁の役割とは?

金融政策に対する考えは白川方明前総裁とほぼ同じだと思うが、外からの印象はまったく違うだろう。白川氏は良くも悪くもガッツがあった。中央銀行総裁というポストに、彼としては、最も忠実に仕事をした。

それが、多くの人に不評であったわけだが、中曽氏は、同じ意見だが、基本的に「意見を述べるチャンスがあれば、そう述べる」というスタイルだろう。そして、それは、現状の日銀出身の副総裁としてはベストのスタイルだ。

今は、どんな正統的な主張をしても、主張すれば、日銀理論として叩かれる。いま最も重要なのは、黒田新総裁の信頼を得ることなのだ。彼は、これまで、日銀の政策に対して不信感を持っていた。組織にも持っていたかもしれない。それを払拭するのは、中曽氏しかできない。

黒田氏が、意見は違うが、日本経済のために、という思いは一緒だ、と中曽氏のことを思うこと。これが、これからの日本銀行にとっても、日本経済にとっても重要なことだ。また、セントラルバンカーとしての経験のなさ、市場はコントロールできるものだと思っているというバイアスがあることなど、こうした弱点を中曽氏の意見をよく聞くことで、無意識に補っていくこと――そのようなスタイルが確立すれば、リフレ政策という言葉を離れ、妥当で強力な金融緩和政策が打ち出されてくることになるだろう。

最後に、岩田規久男副総裁は、ほとんど影響力を持たないと思われる。なぜなら、そもそも副総裁は総裁に比べてカラーを出す余地がほとんどなく、実質的に審議委員の一人としての力しかないからだ。もう一つ重要なことは、政治もメディアも国民も、残念ながら、経済学者にはそれほど期待していないことが、今回の騒動でわかったからだ。

日銀は、名実ともに黒田日銀として、何物にも妥協せず、出帆していくのだ。

(撮影:梅谷 秀司)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT