日銀・黒田新総裁の行動を、ズバリ予測しよう

意見は聞くが、安倍首相や財務省にも従わない?

いよいよ、黒田東彦日銀総裁が20日に誕生する。黒田総裁が、どのように考え、何をしていくか。「はずれ連発」を覚悟で、予想してみよう。読者の皆さんには、個別の予想ではなく、彼の考え方を伝えたい。それを、皆さんの個別の予想に役立てていただきたい。

妥協せず、信念を貫く黒田氏は総裁に適任

黒田氏は、私が大蔵省(当時、現財務省)に入省するときの、総務課長面接で初めて対峙した。内定をもらうためには、大蔵省の当時七局(主計局、主税局、銀行局(現金融庁)、国際金融局(現国際局)など)と官房など、確か10名ほどの総務課長と内定候補者1名との面接試験があった。

そのとき、主税局の総務課長だった黒田氏は、私の作成途上の学部の卒業論文に興味を持ってくれ、徹底的に議論した。すべての面接時間が、彼との議論だったと思う。その論文は、恋愛の経済学で、卒業時には大内兵衛賞(編集部注:経済学部で極めて優れた卒論に贈られる賞)をもらうことになるのだが、そんな奇怪な論文に興味を持ってくれ、議論してくれたのは黒田氏だけだった。

次ページ黒田氏は「原理主義者」が多い主税局の経験が長い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。